CD 輸入盤

ハイドン・ニュース〜同時代の作曲家による室内楽編曲集 ミヒャエル・デュッカー&ヌオーヴォ・アスペット、ハンナ・モリソン

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PROSP0017
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ダルシマーやハープが活躍する今まで聴いたことのなかったハイドン!
名ヴァイオリン奏者、平崎真弓も参加


民族楽器を含む多彩な編成のピリオド・アンサンブル「ヌオーヴォ・アスペット」による、ハイドン作品のめずらしい編曲集。ダルシマーやハープがとても効果的に使われています。ヴァイオリンで平崎真弓も参加。
 リーダーのミヒャエル・デュッカーが自ら図書館やアーカイブを捜索し発見した楽譜を使用。適宜さらに手を加えるなどして自分のアンサンブルにぴったりの音楽に仕立てているため、寄せ集めといった感じは一切なく、全体を通して統一感ある響きになっています。
 『愛しているとは言わないわ』は交響曲の旋律をそのまま使ったもの。もともと民謡調の楽章を基にしているので、たいへん美しい歌曲に生まれ変わっています。『うかつ者』はハイドンと同時代のザルツブルクのハープ奏者である「Meingosius Gaelle」神父の編曲。途中で急にチューニングが始まるユーモラスな展開も自然なアレンジで再現されており楽しい演奏です。(輸入元情報)

【収録情報】
ハイドン:
1. 『愛しているとは言わないわ』〜交響曲第53番ニ長調 Hob.I.53『帝国』第2楽章に基づく(ソプラノ、ハープ)
2. 交響曲第60番ハ長調 Hob.I:60『うかつ者』(ハープ、ハンマー・ダルシマー、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)
3. ウェールズ民謡集より『吟遊詩人の絶望』 Hob. XXXIb:19(ソプラノ、ハンマー・ダルシマー、ハープ)
4. ディヴェルティメント ト長調 Hob.II:1(リュート、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)
5. ウェールズ民謡集より『吟遊詩人の感動』 Hob.XXXIb:25(ソプラノ、トゥッティ)


 ハンナ・モリソン(ソプラノ)
 ヌオーヴォ・アスペット
 ミヒャエル・デュッカー(リュート、指揮)

 録音時期:2017年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音(1,2,4)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品