CD 輸入盤

ネルソン・ミサ、テデウム ハ長調 ピノック&イングリッシュ・コンサート

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
423097
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ハイドン:
・ミサ曲第9番ニ短調『ネルソン・ミサ』
・テ・デウム ハ長調
 フェリシティ・ロット(S)
 キャロライン・ワトキンソン(A)
 マルドヴィン・デイヴィス(T)
 デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(Bs)
 ニコラス・パール(オルガン)
 イングリッシュ・コンサート&同合唱団
 トレヴァー・ピノック(指揮)
 録音:1986年(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1986年4月、ロンドン、デジタル録音。 ト...

投稿日:2014/04/24 (木)

1986年4月、ロンドン、デジタル録音。 トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサート&合唱団、フェリシティ・ロット(ソプラノ)、キャロライン・ワトキンソン(アルト)、マルドウィン・デイヴィス(テノール)、デイヴィッド・ウィルソン(バス)、ニコラウス・パール(オルガン) 1798年に作曲されたハイドンの『ネルソン・ミサ』はナイル海戦でナポレオン率いるフランス艦隊を撃破したイギリスの海軍提督ホレイショ・ネルソンを讃えた曲と言われるが、曲そのものは海戦以前から書き始めれられていたとのことで、実際にはどういう由来でこのニックネームが付いたかは不明である。しかし曲そのものは非常に雄渾でスケールが大きく、名将の名前が付くにふさわしいと思える。フィルアップとして『テ・デウム』を収録。 トレヴァー・ピノックは古楽器派の巨匠の一人だが、彼の演奏には一部の古楽器派に見られるような押し付けがしさ、神経質さはない。古楽器・古楽奏法に準じつつもそれにとらわれず、感性はモダンで瑞々い。過激な解釈で聴き手を煙に巻くのではなく、温雅で上品な、至極まっとうなアプローチ。古楽器は苦手だという人も安心して聞ける内容である。音質良好。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品