海辺の誓い シーサイド・トリロジー 1 扶桑社ロマンス

ノーラ・ロバーツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594029807
ISBN 10 : 4594029809
フォーマット
出版社
発行年月
2000年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,471p

内容詳細

ヨーロッパでレーサーとして活躍するキャメロンのもとに、養父レイが危篤との報が入る。メリーランド州の小さな町の病院で待っていたのは、同じくレイに育てられた義理の弟イーサンとフィリップ、そしてセスという見知らぬ十歳の少年だった。レイは死の床で三兄弟にセスを託し、世を去る。父との約束を果たすため、キャメロンはセスと暮らし始めるが、苦手な家事に悪戦苦闘し、少年ともうまくいかない。そこに現れたのは、魅力的だが手強いソーシャルワーカー、アンナだった。真実の愛と絆を描く、感動の三部作第一弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • だむ さん

    初ノーラさん♡ シーサイド・トリロジー@。海辺の小さな田舎町での生活の素晴らしさと言ったら!海・風・青空・ヨット・愛らしい犬たち…時間の流れがゆったりしていて本当に素敵。そんな町を舞台に、血の繋がらない三兄弟の元にセスと言う少年が加わることから始まる物語。レイとステラの深い愛情に心打たれる。三兄弟長男キャメロンとアンナのロマンスも並行して描かれるけど、時にはぶつかり合いながらも強くなっていく三兄弟とセスの絆から目が離せなかった。セスの物語はまだ続くみたいだし次巻はイーサンとのこと♡ 楽しみ〜♪

  • hotmilk さん

    男兄弟3人が男の子を引き取って育てるストーリー。虐待された10歳の少年と、同じく親に捨てられてクイン家の養子として育った3兄弟。皆それぞれに辛い子供時代を過ごしているから、その分兄弟の絆が強い。それがとっても素敵で、たわいもない喧嘩ですら愛おしく、ほのぼのしてしまう。セスが感動して泣いてしまう場面が特に好き。あと3巻、このストーリーが読めると思うと幸せだ〜。まさにハートウォーミングストーリーでした。

  • rokoroko さん

    このシリーズの一作目 実は4作目を持っているのでネタバレしてるけど楽しかった〜

  • こえん さん

    自分のいいとこに全然気付いてないヒーローが良かった。メインの登場人物のほとんどが、十代半ばまでに重大な暴力の被害者になっているのが読み始めはしんどかったかな…一見克服しているように思えても、トラウマがうかがい知れたから。ヒーロー養父がいい味出してた。

  • canal1 さん

    再読はなし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ノーラ・ロバーツ

1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするやいなや、一躍ベストセラー作家に。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には“タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人”の第7位に選ばれている。ロバーツ名義のほか、J.D.ロブ名義では“イブ&ローク”シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品