情熱の炎に包まれて 魔女の島トリロジー 3 扶桑社ロマンス

ノーラ・ロバーツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594045531
ISBN 10 : 4594045537
フォーマット
出版社
発行年月
2004年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,630p

内容詳細

伝説の魔女ファイヤーの血を引くミアは、かつて恋人のサムを深く愛していた。しかしサムはある日突然、一方的にミアを捨てて島を出ていった。心に深い傷を負いながらも、強く生きる道を選んだミア。そんな彼女のもとに、長い年月を経て、サムが舞い戻ってくる。今も胸に熱い思いを秘めているミアは、ふたたび彼の愛を受け入れるべきか、あるいは彼を拒むべきか、選択を迫られる。その選択によって、この島の運命も決まる。伝説の謎がいよいよ解き明かされる“魔女の島トリロジー”完結編。

【著者紹介】
ノーラ・ロバーツ : 1981年に『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビュー。一躍ベストセラー作家となる。86年にはアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入りを果たした。彼女の作品はこれまで約1億5千万部売れている。現在、メリーランド州に夫と二人の息子とともに住んでいる

清水寛子 : 1961年生まれ。英国ウェールズに留学後、国際基督教大学教養学部卒。1987年より、翻訳・編集業に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rokoroko さん

    魔女ネタは下手だわ。新作も魔女ネタ。図書館で予約したけど、読んで面白いのかな。たっぷり分厚いわりには、引っ張って貰えず、撃沈

  • ここはる さん

    〈魔女の島〉トリロジー第3作、最終巻。敵との最終決戦は思ったよりあっさり終了。えっ、終わった?的な(笑)ヒロインとヒーローの若かりし頃のすれ違いにはなんだか共感。あ〜若かったよな、青かったよな、青春の赤っ恥だな〜。そんな時代を経たからこその今掴んだ確かな幸せ、ということでめでたしめでたし。ところで、ヒーローの先祖はアザラシ?【原題/Face the Fire (2002)】

  • こえん さん

    このヒーローは好きになれないだろうと思ったけど2/3過ぎた辺りから彼に同情できるようになってしまった…それくらいヒロインの彼を拒絶する姿勢はお見事。もっともヒロインの気持ちも分かるんだよね〜。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ノーラ・ロバーツ

メリーランド州に育ち、1981年『アデリアはいま』でデビュー。以来、天性のストーリーテラーとして精力的に執筆を続ける。98年『マクレガーの花婿たち』で、ついにNYタイムズのベストセラーリストの第1位に輝く。以降、全米ベストセラー街道の先頭をつねに走り続ける人気作家となり、ニューヨーカー誌は彼女を、「

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品