孤独な瞳の目撃者 上 扶桑社ロマンス

ノーラ・ロバーツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594068851
ISBN 10 : 4594068855
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
430p;16

内容詳細

エリザベスは、シカゴで外科医をしている母親が精子バンクでドナーを選び、人工授精により誕生した。優れた頭脳と美しい容姿にめぐまれたが、彼女の日常は、母親が綿密に組み立てたスケジュールに従うだけの生活だった。そんな彼女が初めて母親に反抗する。髪を染め、身分証を偽造してロシアン・マフィアとの関係が噂されるナイトクラブへ出かけたのだ。カクテルに酔い、ハンサムなロシア語訛りの男性に誘われて、気がつくと彼女は川辺の邸宅にいた。そこで彼女は殺人現場を目撃してしまう…。

【著者紹介】
ノーラ・ロバーツ : 1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするや、一躍ベストセラー作家となる。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には“タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人”の第7位に選ばれている

越本和花訳 : 兵庫県出身。文芸翻訳家。ロマンス、ミステリを中心に訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • eko さん

    冷たい母親の元で管理され優等生に育ったエリザベスは母に反旗を翻し内緒で出掛けたクラブで事件に巻き込まれ...出だし面白くスリリング。ノーラ祭、過去心に傷を負った為人間関係が築けないヒロインが続くんだけど本作のエリザベス=アビゲイルに至っては会話が人間みあるロボットみたいで。孤独に身を隠す生活してたらそうなるか。ヒーローがどう活躍するか元刑事で警察署長のブルックスのお手並み拝見。お利口なバート(犬)もかわいい。下巻へ!

  • ☆kubo さん

    ヒロインがちょっと変わってるので面白い。ガードが固そうな割にあっさり彼と寝てしまったのは意外。2極化した母親像はお約束。

  • すもも さん

    下巻へ

  • rokoroko さん

    ノーラ200作めですって、彼女の作品に良く出てくる母性愛の塊のような女性。犬など登場してノーラなんだけど、暖かい雰囲気はイマイチ。あっというまに上巻読み終えられるのは、さすが!

  • Queen•リビ さん

    魅力的なヒロインです。面白いから一気読みです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ノーラ・ロバーツ

1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするやいなや、一躍ベストセラー作家に。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には“タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人”の第7位に選ばれている。ロバーツ名義のほか、J.D.ロブ名義では“イブ&ローク”シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品