ひそやかな悪夢 上 扶桑社ロマンス

ノーラ・ロバーツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594076214
ISBN 10 : 4594076211
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
香山栞 ,  
追加情報
:
429p;16

内容詳細

12歳の時、父親が連続強姦殺人犯として逮捕されて以来、名前を変え、人目を避けるように各地を転々としながら暮らしてきたナオミ。事件から18年が経ち、カメラマンとして成功した彼女は、港町のはずれに建つ古い屋敷を購入し、孤独だが満たされた日々を送っていた。魅惑的な瞳をした整備士の青年・サンダーと出会うまでは…。仕事熱心で少し強引な彼に反発しながらも惹かれるナオミ。捨て犬タグとの新生活も始まり、彼女の凍てついた心は次第に溶かされてゆくかのように思えたが―。

【著者紹介】
ノーラ・ロバーツ : 1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするや、一躍ベストセラー作家となる。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には“タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人”の第7位に選ばれている。ロバーツのほか、J.D.ロブ名義では“イブ&ローク”シリーズを発表

香山栞 : 英米文学翻訳家。サンフランシスコ州立大学スピーチ・コミュニケーション学科修士課程修了。2002年より翻訳業に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    この作家の映画を見ているようなきっちりと切り取られた描写、本当に巧みです。彼女の本を読み慣れている人ならわかる、歴史的建造物のリノベーションに対する情熱。地域の雇用を生み出そうとする努力。芸術への愛情。そんなサイドストーリーがロマンスとサスペンスに丹念に練りこまれ、こちらも一緒に人生を楽しんでいる気持ちになれます。だからこそ、女子の悪夢も怖い。連続殺人犯の父の犯罪を食い止めた娘。母の自殺死体を発見した娘ーそんな彼女にガツンと落ちる男子といいところで下巻へ。

  • はなちゃん さん

    ロマンス部分もミステリー部分も面白いですが、地方で一目惚れして購入した屋敷を自分の思い通り作り変えて行く様子や、写真家としての仕事の部分が、こんな風に生きらればなと思ってしまうほど素敵です。初読みだった『聖なる森の捜索者』同様、犬が名脇役として登場しているのも、嬉しい。下巻が楽しみです。

  • フタ さん

    タグ( ´ω` )🐕))

  • みみ45 さん

    厳格な父と父に逆らったことのない母に育てられたナオミ。12歳の誕生日の朝、散歩にでかける父をあとをつけて、とんでもないことを発見してしまう。

  • ryuusei181 さん

    12歳の少女ナオミが、偶然父親の犯罪を目撃してしまうところから始まります。まさか、父親が婦女暴行連続殺人の犯人だったとは。動揺しながらも、監禁されていた被害者を助けだします。 父親は逮捕されますが、それにより世間から注目が集まり、事あるごとにマスコミなどに追い回されることに。 セス叔父さんやハリーがホントに良い人で、よかったぁ。この母親では、あてにならないし、子供のためにもっとしっかりしなきゃって、憤慨しました。 上巻は主に、少女がどう成長し乗り越えていくかが主でしたね。次は下巻です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ノーラ・ロバーツ

1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするやいなや、一躍ベストセラー作家に。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には“タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人”の第7位に選ばれている。ロバーツ名義のほか、J.D.ロブ名義では“イブ&ローク”シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品