ニール・ポストマン

人物・団体ページへ

子どもはもういない 教育と文化への警告

ニール・ポストマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787583642
ISBN 10 : 4787583646
フォーマット
発行年月
1995年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
小柴一 ,  
追加情報
:
238p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 抹茶ケーキ さん

    エリアスによって指摘された「子ども期」という時代区分が消滅しつつある。テレビの発達により子どもと大人を区切る境界の有効性が失われ、それにしたがって子どもは大人のようになり、大人は子どものようになるという主張。インターネットは境界を立ち上げ直す力になるかもしれないと期待を寄せている。面白いけど他にも要因はあるだろうなと思った。

  • たにんご さん

    レポート参考文献

  • shishi さん

    [A+]

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ニール・ポストマン

1931〜2003。ニューヨーク生まれ。1955年コロンビア大学で教育修士号、58年に教育博士号取得。59年からNCU(ニューヨーク大学)に就任。71年メディア・エコロジーの講座を設置。教育学部唯一の大学教授

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品