CD 輸入盤

交響曲全集、ヴァイオリン協奏曲、他 サロネン&スウェーデン放送響、他、チョー・リャン・リン(vn)

ニールセン(1865-1931)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88697584232
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

エサ=ペッカ・サロネン(指揮)/ニールセン:交響曲全集

エサ=ペッカ・サロネンは、現代音楽や、シベリウスやニールセン等の20世紀前半から中期頃に活躍した北欧の作曲家を、1985年頃から積極的に録音してきた指揮者です。ちょうど彼がスウェーデン放送交響楽団首席指揮者に就任した1985年頃から集中的に録音した作品で、「熱くなりすぎず、スマートな画期的な演奏」として非常に高い評価を得ていた盤です。特に『不滅』は現在においても決定盤とも言われており、ヴァイオリン協奏曲以外は廉価盤としても発売されず、今やほとんど入手不可能となっている盤の待望の全集BOX化となります。(SONY BMG)

【収録情報】 ※収録曲、トラック変更の可能性がございます。
Disc 1
・交響曲第2番「4つの気質」Op.16
・交響詩『パンとシリンクス』Op.49
・アラディン組曲 Op.34』

Disc 2
・交響曲第3番『広がり』Op.27
・交響曲第6番『シンプル』
 ピア=マリー・ニルソン(Sp)
 オレ・ペールソン(Br)

Disc 3
・交響曲第1番 Op.7
・小組曲イ短調 Op.1(*)

Disc 4
・交響曲第4番『不滅』Op.29
・序曲『ヘリオス』Op.17

Disc 5
・交響曲第5番 Op.50
・歌劇『仮面舞踏会』より『序曲』『第2幕前奏曲』『ひな鶏の踊り』

Disc 6
・ニールセン:ヴァイオリン協奏曲 Op.33
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 Op.47
 チョー・リャン・リン(Vn)

 エサ=ペッカ・サロネン(指揮)
 スウェーデン放送交響楽団
 ストックホルム新室内管弦楽団(*)

 録音時期:1986-90年
 録音方式:デジタル(セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
第4番・第5番以外を聴いてみたくて購入しま...

投稿日:2013/04/09 (火)

第4番・第5番以外を聴いてみたくて購入しました。 まずは知っているこの2曲を聴きました。第4番のティンパニ、第5番の小太鼓、スウェーデン放送響の打楽器奏者上手いです。第5番の高速クラリネットソロも合格。 第1番・第2番は面白い曲じゃなかった。 第3番は「田園交響曲」という感じ、でも広大な森林が目に浮かぶような重厚な弦の響きです。ベートーベンやブラームスとは違う 第6番はちょっとふざけた感じで特に第2楽章は木管やグリッサンドする金管がまるでおもちゃ箱をひっくり返したような音楽です。 第4楽章、最後に一つだけのばし続けるファゴットの低音が面白い。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

3
★
★
★
★
★
サロネンの音楽としての前衛さは、このニー...

投稿日:2011/06/11 (土)

サロネンの音楽としての前衛さは、このニールセンにて物拓いたといっても過言ではないでしょう。 特に3番や5番の交響曲はさすがです。 全体的には最高の部類でしょう...

登山家いっちー さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
渋いニールセンの交響曲に爽やかな北欧の風...

投稿日:2010/11/05 (金)

渋いニールセンの交響曲に爽やかな北欧の風が吹き抜けていきます・・・。 四の五の言わず、とりあえず聴きましょう。

silver さん | 東京都 | 不明

3

ニールセン(1865-1931)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品