氷の戦士と美しき狼 「サイ=チェンジリング」シリーズ 扶桑社ロマンス

ナリーニ・シン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594063153
ISBN 10 : 4594063152
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,663p

内容詳細

パラノーマル・ロマンス“超能力者=動物に変身する種族”シリーズ第3弾。ブレンナは狼チェンジリング“スノーダンサー”のメンバー。誘拐監禁事件の被害者である彼女は、救出されてからも深い心の傷と謎の後遺症に苦しめられていた。そんなブレンナの心のよりどころは、群れでともに暮らすサイのジャッドだ。一方でジャッドもまた、彼女のそばにいると凍った心の奥底が震えるのを感じていた。しかしジャッドには誰にも知られてはならない秘密があった…。巻末に特別短編など二編を収録。AAR&RT誌ベスト・パラノーマルW受賞。

【著者紹介】
ナリーニ・シン : フィジー生まれ。ニュージーランドで育ち、日本で3年間すごす。2003年にデビュー。パラノーマル・ロマンス(サイ=チェンジリング)シリーズでベストセラー作家となり、数々の賞に輝く

藤井喜美枝 : 筑波大学卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そばかす♪ さん

    サイからの亡命者、もっとも危険な暗殺者でもあるジャッドと、狼チェンジリング「スノーダンサー」のブレンナが主要人物。1巻でサッシャが救った事件の被害者でもあるブレンナがこういう形で物語を進行させて行くのも面白い。作者は書き始めるまでに一体どこまでプロットを固めていたんだろう?ディテールまで作りこまれていて感心する。 おまけの削除されてしまった2章も楽しめた。今回のロマンスはひねりが利いていてGood☆

  • イヴ  LMR&Noraワッショイ♪ヽ(゚∀゚ )ノ三 さん

    psychangeling3、サイとしてスノーダンサー内で暮らすジャッド×狼ブレンナ。最強ヒーロです。Tkcellの力って凄すぎる、壊れた心臓を治すんだよww最強。ブレンナは積極的な狼、前作の事件から狼に変身できなくなってしまう(ラストにはできるけど)とにかく、ハイライト&メモしながら読まないと内容がかなり難解な所もある。今回はエリンケに売春されたディーンが犯人だった、評議会メンバーにも怪しい二人がいるし、今後の展開が楽しみです。キャラが想像しやすくこの難解ストーリー描けるナリーニさんは凄いと思う。

  • アン さん

    今度は狼チェンジリングのヒロインとサイのヒーローの話でしたが、1作目で誘拐されてた女性だったのね。酷い目にあわされて可哀そうでしたが、強い女性でした。シリーズ進むごとに話が混み入ってきて読み返しながら進んだので時間かかりました。ジャッド、読み進めるうちにどんどん好きになりました〜。なんか氷の戦士なのに可愛くなってきた^m^ ジャッドったらリサーチしたってドコで?どんな事を?(笑)シリアスなのにところどころ面白くてツボでした。ますます複雑になってきた話ですがこの先も気になる人物多数です!

  • Nami さん

    サイ=チェンジリングシリーズ3☆ヒロインは狼チェンジリングで、S1の誘拐事件の被害者ブレンナ。ヒーローは、サイでアローのジャッド。彼は、触れ合い過ぎて限界を越すと相手を殺しかねないし、自分にも苦痛が返ってくる。でもブレンナに触れたい‼︎可哀想だった...。けど、サイレンスプロトコルの機能を止めてからは、猿か⁉︎まぁ〜仕方ない。彼サイだから、チェリー君だったんだもの。チェリー君と言っても、サイだから頭が良いので、経験は無くても知識は豊富(笑) 念動力プレイ エロイ\(//∇//)\

  • oneoeight さん

    能力ゆえにサイレンスに縛られ、ヒロインと触れ合う事が出来ないヒーロー。その冷たい仮面の下に隠された熱い想いにズキュンきた。何あの命令口調!キャー(*´▽`*)vv お互いに惹かれあってるのにワケあって一歩踏み出せないジレジレ感。モエますな。いつの間にやら公認で付き合ってます♪ってなってたのが、アレ??で、ちょっとキレイにまとまりすぎかなとは思うけどオモシロかった!早くホークの話が読みたーい(人´∀`) 抑制を解いたヒーローが一番”獣”(笑)度☆5、また読みたい度90%

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品