雪の狼と紅蓮の宝玉 上 扶桑社ロマンス

ナリーニ・シン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594072513
ISBN 10 : 4594072518
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
431p;16

内容詳細

パラノーマル・ロマンス“超能力者=動物に変身する種族”シリーズ第10弾!狼チェンジリング“スノーダンサー”のアルファ、ホークにとって、サイの見習い戦士シェンナの存在はもはや無視できないものだった。幼い日いずれ“伴侶”となるはずだった少女を喪ったときから、ホークは特定の女性と関係を結ぶことを拒んできた。しかも相手はまだ19歳だ。群れを統べる立場の自分には若すぎる。しかし、ホークの中で紅玉色の髪をもつ魅力的なシェンナに惹かれる想いは抑えきれないほど強まって…。

【著者紹介】
ナリーニ・シン : フィジー生まれ。ニュージーランドで育ち、日本で3年間すごす。2003年にデビュー。パラノーマル・ロマンス“サイ=チェンジリング”シリーズでベストセラー作家となり、数々の賞に輝く

河井直子 : 関西学院大学卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    幼い日に『伴侶』を喪って、もう女性を愛さないと誓った狼の王。人間兵器に生まれ温もりと無縁だった女性。ブレーキをかけようとしても惹かれ合う二人に忍び寄る敵の影。戦いの時は迫る。静かに、やがて激しく……。『サイ=チェンジリング』シリーズ第10弾。狼人間の群れを率いるホークと、炎を放つ能力者シェンナとのロマンスを軸に、超能力集団との対決が描かれる。タフなカップルの恋模様は、ノーガードで拳を交わすような烈しさだ。少女から大人の女性になるに従って、シェンナの体内に宿る破壊的なエナジーは加速度的に大きくなっていく。

  • ベルるるる さん

    楽しみに待っていたホーク。ヒーローになったら、孤高のアルファも恋する男になりました。恋する二人が二組いて、それぞれが、「1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる」の水前寺清子なみにじれったい恋を展開・・・(古い、古すぎる)・・・。 あ〜楽しかった。さあ下巻へ。

  • うにこ さん

    シリーズ買い。ホークの行動が想像と違った〜。こんなにソワソワ状態とは思ってなかったです、笑。進展具合はゆっくりだけど、同時にウォーカーさんのロマンスも花咲くので飽きずに読めて良い感じです。ウォーカーさん、なぜか私の中では痩せ型だっだので、たくましい肩とか表現にあってビックリしました、笑。

  • ユキタ さん

    ついにホークとシェンナの物語!まさかの上下巻、2人の進展は歯がゆいほどノロノロだけど、今までに登場したカップルたちのラブっぷりや、ウォーカーとラーラの描写、そして骨太かつ緊迫した世界の事情と盛りだくさんで飽きさせない。そしてサッシャ&ルーカス、おめでとう!!

  • める さん

    扶桑社のメルマガで刊行日を知り、今か今かと待ち望んでいたのですが、当日、大型書店を三店舗回ったうちの全てで売り切れ…。結局頼みの綱のAmazonさんにすがりましたが、このシリーズ(というかホークとシェンナ?)の人気に驚きました。上下巻とあって二人の関係の進行はノロノロなんですが、同時にウォーカーとラーラ、それにほかのカップルたちのラブラブっぷりが描写されているので、個人的に中だるみはなかったかなー、と思います。というか途中から主役よりウォーカーの恋模様の方が気になってきちゃったのは誤算でしたが(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ナリーニ・シン

フィジー生まれ。ニュージーランドで育ち、日本で3年間すごす。2003年にデビュー。パラノーマル・ロマンス“サイ=チェンジリング”シリーズでベストセラー作家となり、数々の賞に輝く

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品