金眼の黒狼と月下の戦姫 「サイ=チェンジリング」シリーズ 上 扶桑社ロマンス

ナリーニ・シン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594074241
ISBN 10 : 4594074243
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
415p;16

内容詳細

パラノーマル・ロマンス「超能力者=動物に変身する種族」シリーズ第11弾!狼チェンジリング“スノーダンサー”の副官リアズは、ヨーロッパ配属中に自分の“伴侶”となるべき女性と出逢うが、彼女はすでに別の男性と幸せな結婚生活を送っていた。一方、上級戦士のアドリアは自身より強さで劣る男性とつきあっていたが、やがて二人の関係には無理が生じて別れることに。巣穴に転属となり戻ってきたリアズとアドリアは、傷ついた心を持つものどうし、お互いに強く惹かれ合うものを感じるが…

【著者紹介】
ナリーニ・シン : フィジー生まれ。ニュージーランドで育ち、日本で3年間すごす。2003年にデビュー。パラノーマル・ロマンス「サイ=チェンジリング」シリーズでベストセラー作家となり、数々の賞に輝く

藤井喜美枝 : 筑波大学卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • すけきよ さん

    毎度、同じ事言ってるけど、ロマンスパートいらないんだよなぁ。それがないとレーベルの意味がなくなっちゃうのはわかるけど、SF的な設定の物語部分がかなり面白くて、ロマンス抜いても成り立つんだよね。種族が違うカップリングだと、三種族で交際されている世界の縮図的と言えなくもないし、前作のようにサイの秘密兵器だった少女が主人公だと、世界観に関わってくるから、まぁ、我慢できなくもないんだけど(飛ばすけどw)、今回のように同種族のカップルだと、世界とはまるで関係なく盛ってるだけなので、正直どうでもいい【続く】

  • うにすけ さん

    ラブもいいけどラブじゃないところをもっと読みたいなーと思ってしまったのですが、アドリアの傷つき具合に共感してしまった。わかる、それわかる…涙目。しかしダークリバーの方面はあんまりメインにならないんですかね、読みたいんだけど。

  • ☆ひとこぶラクダちゃん☆ さん

    今回の主人公はスノーダンサーのリアズとアドリア。主人公なのに影が薄目の話の進み方。ホークとシェンナの新婚生活や幸せいっぱいの日常がメインで、それはそれで面白いけど…

  • ユキタ さん

    カップル云々より世界が揺るぎつつあるという部分が最高にスリリングでぐいぐい読ませる。

  • める さん

    なんか色々感想はあるけどとりあえずI♥ジャッドのTシャツは私もほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ナリーニ・シン

物心ついたときから書くことが好きだったという。英文学と法律の学位を取り、2年間法律事務所に勤めていたが、25歳の誕生日を機に、執筆に専念することを決意(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品