封印の獣と偽りの氷姫 扶桑社ロマンス

ナリーニ・シン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594066352
ISBN 10 : 4594066356
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
671p 15cm(A6)

内容詳細

パラノーマル・ロマンス「超能力者=動物に変身する種族」シリーズ第5弾!豹チェンジリング“ダークリバー”の戦士ドリアンは、生まれつき変身できない体ながら、抜群の狙撃技術で群れの信頼を勝ち得ていた。そんな彼に、サイの研究所から脱出してきた美貌の科学者アシャヤとその息子を護衛する任が下る。妹をサイに殺されたドリアンは当初アシャヤに憎しみをぶつけるが、やがて二人は抗い難く惹かれあってゆく…。逃避行の行方とは。そしてアシャヤに迫る影の秘密とは。特別短編も収録。

【著者紹介】
ナリーニ・シン : フィジー生まれ。ニュージーランドで育ち、日本で3年間すごす。2003年にデビュー。パラノーマル・ロマンス“サイ=チェンジリング”シリーズでベストセラー作家となり、数々の賞に輝く

藤井喜美枝 : 筑波大学卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そばかす♪ さん

    チェンジリングなのに変身出来ないヒーロー「ドリアン」と、医療技能のあるサイのヒロイン「アシャヤ」。ヒロインが素直だとヒーローは頑固w。なんというか組み合わせがマンネリ化かな〜。そう思いながらもサイ評議会の権威が落ちてきて、反対派やヒューマン同盟なども天下取りに乗り出し、世界は増々混沌としてきた。星のウェブにも色んな要素が加わってきて、やっぱり続きが気になってしまう。

  • Nami さん

    サイ=チェンジリングシリーズ5☆ヒーロードリアンは、豹チェンジリングの近衛だけど、生まれつき遺伝子に異常があり変身出来ない。でも銃の腕は一流スナイパー、コンピュータの腕も一流、建築家でパイロットと何でも出来るし、変身出来なくても、動きやらは豹その物。以前フェイスが予知してたから、いつか変身するんだなと思ってたら、最後の方でついにドリアンが豹に変身した٩(>ω<*)و顔もサーファー系でイケメンだし、人間の姿でも最強で豹にもなれる。彼にかなう人はいないんじゃ?ヒロイン アシャヤGood job‼︎

  • ☆ひとこぶラクダちゃん☆ さん

    今回はダークリバーの色男ドリアンと、Mサイのアシャヤのお話。二人とも大好きなんだけど、脇役の時の方が輝いてた様な気がする。ドリアンと妹のお話がもう少し沢山語られてたらよかったのに・・・。ダークリバーに飽きてきたのでスノーダンサーのお話で目線を変えて進めていきたい。

  • すけきよ さん

    何らかの欠落がある二人が、お互い補いあっていく、というのがパターンのこのシリーズ。でも、ロマンスよりも、SF的設定で語られていく物語が面白いんだよね。決して、二人の関係が世界の命運に直結するようなセカイ系に陥ることはなく、二人の恋愛とは無関係に、世界のシステムを破壊するような陰謀が企まれる。また、構成というか、読者の誘導が巧みで、このキャラクターが気になるな、という描写をしておいて、次の巻は彼(彼女)が主人公になる。今回で言えば、マーシーがやたら出てくると思ったら、やはり6巻は彼女の物語。

  • nirokuya さん

    サイ=チェンジリングシリーズ第五弾。今回、落ち処はまぁ最初から解ってたんで、当然の流れよねーとか思いながら読んだ。そんなわかりきったロマンスは置いておいて、魅力的な世界観に更に深みが出てきた。いよいよ特殊なモノは何も持たないヒューマン勢力の暗躍組織とか出てきて次回作のお楽しみが増えた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ナリーニ・シン

物心ついたときから書くことが好きだったという。英文学と法律の学位を取り、2年間法律事務所に勤めていたが、25歳の誕生日を機に、執筆に専念することを決意(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品