新短歌教室の歌集 1

ナナロク社の学校

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784867320037
ISBN 10 : 486732003X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
199p;20

内容詳細

「新短歌教室」は、講師に歌人の岡野大嗣、木下龍也の両氏を招いたナナロク社主催の実践的な短歌講義の名称です。本書では教室に参加した六十名の作品と講師による一首評を収録しました。

目次 : 夢から目覚めさせるのも仕事だと(青木美穂)/ 真夜中に水平線は面となり(阿部啓)/ コーヒーのカップの底にこびりつく(石川湧太)/ 納豆の糸を辿って帰ろうよ(磯部結衣)/ アマゾンで買えるようにもなったけど(一ノ瀬ケイ)/ 四六判雑誌コミック文庫本(出野格)/ ある夜に流星群が降ってきて(今川結貴)/ サビよりもBメロが良い曲だった(うゆに)/ こんなにも人がいますここに私がいます(大口恵)/ 箱のなかの箱のなかの箱にいるんだ(太田垣百合子)〔ほか〕

【著者紹介】
岡野大嗣 : 1980年、大阪府生まれ。歌人

木下龍也 : 1988年、山口県生まれ。歌人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Maki さん

    ナナロク社とゆう出版社が、木下龍也さんと岡野大嗣さんを講師に迎え行った短歌教室。その生徒さんの短歌と講師ふたりの選評。なんといってもこの本の佇まいに惹かれ2000部限定と知り慌てて購入しました。ブックデザインは名久井直子さん。いいなと思ったら名久井さんが装丁を手掛けているってゆうことよくありますね。そして短歌ですが、生徒さんなの?ってゆうくらい洗練されててびっくりしました。短歌は、ひとによって視点ががらりと違うのが面白い。あー短歌すき♡ すきだぁ!って改めて思いました。選評は岡野さんの方がわたしは好み。

  • 水色系 さん

    装丁が好きすぎて購入。木下龍也さん、岡野大嗣さんの選評あり。短歌ってひとによって目のつけどころが違ってて、世界をこんなふうに見ているのか、というのが端的に表されていて、心惹かれる。 〈カーテンのゆれるを持ち帰る夜の京阪おりて月がまぶしい〉(P105:浜野かもめ)

  • 生きの苦しみV さん

    二十秒かけてごめんなさいと書きそれから戻る呼吸の深度

  • ゆーき さん

    きみがもし死んだらわたし世界一可愛い服で葬式行くね

  • にくきゅー さん

    短歌もよかったのだけれども、木下さん、岡野さんの一種評があるのがとても良かった。短歌とか俳句の学習の手引きに、よく鑑賞文にまとめましょう、とある。しかし、どんなものかよくわからない。初任の頃、自分でモデルを作ったが、これでいいのかと悩んだ覚えがある。こんなふうに、プロの鑑賞がたくさんあると、ありがたい。モデルになるし、自分自身の読みも広がる。もちろん、これらは正解なんかではないんだけれども。そこを外してはならんのだけれども。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品