ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

DVD

交響曲第9番『新世界より』 ノイマン&チェコ・フィル(1993)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COBO4633
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

ノイマン/『新世界より』+ドキュメンタリー(DVD)

巨匠ノイマンとチェコ・フィルは『新世界より』のスタジオ録音を3回行っており、そのいずれもが名演とされていますが、これはそれらとは別の1993年の記念コンサートにおけるライヴ映像。ノイマン自身も『これほど光栄なことはない』と語っていた白熱の演奏記録です。
 併録のドキュメンタリーには、ノイマン本人やゆかりの演奏家たちの貴重なコメント、マーラーやベートーヴェン、ドヴォルザークなどのリハーサル・シーンも多数収録され、これもまたファンには見逃せない内容です。

・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調『新世界より』
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)
 収録:1993年12月11日、プラハ、ルドルフィヌム
 『新世界』交響曲初演100年記念コンサートのライヴ

・ドキュメンタリー『ノイマン ある指揮者の生涯』(52分)

 収録時間:100分
 画面:カラー、4:3
 音声:リニアPCMステレオ
 日本語字幕付き
 NTSC

内容詳細

93年の記念コンサートでのライヴの模様を収録。チェコ・フィル特有の豊かな響きでの弦セクションと、管楽器は聴きどころだ。ノイマンのリハーサル風景などのドキュメンタリーも楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

Part 1:ノイマン~ある指揮者の生涯(ドキュメンタリー)

  • 01. 音楽への道〔演奏風景〕マーラー:交響曲第5番/ベートーヴェン:交響曲第5番/第3番《英雄》
  • 02. チェコ・フィル入団とスメタナ四重奏団結成〔演奏風景〕スメタナ:ボヘミアの野と森から
  • 03. 指揮者ノイマン〔演奏風景〕ベートーヴェン:交響曲第5番/スーク:セレナード変ホ長調
  • 04. ノイマンとマーラー〔演奏風景〕マーラー:交響曲第2番《復活》/第5番/第1番《巨人》/第2番《復活》/スーク:セレナード変ホ長調/マーラー:交響曲第9番/第1番《巨人》/第3番
  • 05. ノイマンとチェコ音楽〔演奏風景〕ドヴォルザーク:スタバート・マーテル/交響曲第7番 ヤナーチェク:シンフォニエッタ/グラゴル・ミサ
  • 06. ベニャチコヴァーの語るノイマン〔演奏風景〕ドヴォルザーク:レクイエム
  • 07. ノイマンとオペラ〔演奏風景〕ヤナーチェク:利口な牝狐の物語
  • 08. ノイマンとウィーン〔演奏風景〕マーラー:交響曲第5番/ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱付き》/マーラー:交響曲第3番

Part 2:ノイマン/新世界交響曲~初演100年記念コンサート・ライヴ

  • 09. オープニング Opening〔スメタナ:オペラ《リブシェ》よりファンファーレ〕
  • 10. ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95《新世界より》

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
どの「新世界」の演奏より「新世界」の演奏...

投稿日:2020/11/23 (月)

どの「新世界」の演奏より「新世界」の演奏である。1993年はニューヨークでの「新世界」の初演から100年。これを記念して、プラハの芸術家の家、ルドルフィヌムのドボルザーク・ホールでの記念演奏会のライブ録音・録画である。NHKとDENONとの共同制作で収録された。私はNHKサイドの代表として現地での演奏会に立ち会った。もう30年も前のことである。 プラハはモーツァルトやベートーベンがウィーンの次に活躍した都市であるが、東洋の日本ではそのような認識は皆無である。 プラハは長く共産圏にあったために、音楽は西洋諸国の商業主義に惑わされることなく昔の原型を留めており、ノイマン指揮の「新世界」も同様に、100年前の初演を彷彿とさせる演奏であった。 今日、その演奏会の模様を楽しむことが出来るのは誠にもって嬉しい限りである。

ゲゲゲアサ さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
このDVDに、収録されているドキュメンタリ...

投稿日:2020/06/07 (日)

このDVDに、収録されているドキュメンタリーは、NHKでかって放送されたものと、同じものです。大変勉強になりました。それに対して、「1993年 初演100年記念コンサート・ライブ」は、やや、消化不良になると思います。チェコ・フィルが、初演100年を意識して、従来の演奏形態で無くオーソドックスなオーケストラ配置で演奏しています。そのために、チェコ・フィルらしい音が失われた演奏です。きっと、指揮者のノイマンも100年前のアメリカのオーケストラの演奏会の音を再現しようと考えたらしく、非常にオーソドックスな演奏です。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品