CD

交響曲第9番『新世界より』、第8番 ラファエル・クーベリック&ベルリン・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCS9109
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

クラシックの100枚
ドヴォルザーク:交響曲第8番、第9番《新世界より》
ラファエル・クーベリック


【生産限定盤】
ドイツを中心に国際的に活躍したチェコスロヴァキア出身の巨匠ラファエル・クーベリック(1914-1996)の指揮で、ベルリン・フィルは1960年代後半から70年代初頭にかけて、ドイツのオーケストラとしては初めてドヴォルザークの交響曲全曲録音を成し遂げました。クーベリックのドヴォルザークに対する深い敬愛が作品の魅力を最上のものにしており、聴く人の心に訴えかけてきます。このアルバムはその中でも特に人気のある2曲をカップリングしています。(メーカー資料より)

ドヴォルザーク:
1. 交響曲 第8番 ト長調 作品88
2. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ラファエル・クーベリック

録音:1966年6月(1)、1972年6月(2) ベルリン

内容詳細

1960年代後半から70年代前半にかけて完成させたクーベリックによるドヴォルザーク交響曲全集からの人気曲2曲を収録している。名盤としての誉れ高い録音で、BPOにとってこれが初の全集でもあった。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第1楽章:ALLEGRO CON BRIO
  • 02. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第2楽章:ADAGIO
  • 03. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第3楽章:ALLEGRO GRAZIOSO
  • 04. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第4楽章:ALLEGRO,MA NON TROPPO
  • 05. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95≪新世界より≫ 第1楽章:ADAGIO-ALLEGRO MOLTO
  • 06. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95≪新世界より≫ 第2楽章:LARGO
  • 07. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95 ≪新世界より≫ 第3楽章:SCHERZO.MOLTO VIVACE
  • 08. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95≪新世界より≫ 第4楽章:ALLEGRO CON FUOCO

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
8番については私もこれが最も好きで何度聴...

投稿日:2014/05/16 (金)

8番については私もこれが最も好きで何度聴いたかわからないくらいです。この作曲家の持つ土着的なメロディやリズムに都会的なスタイリッシュさが絶妙なバランスで表現されていると思います。後年のライブもいいですがやや荒っぽさが前面に出ていますので、出来栄えとしてはこちらをとります。ただしライブでのマーラーやベートーヴェン2番にみられるような豪快なドライブ感も両端楽章には十分ありますので、クーベリックらしい演奏です。同じチェコでもノイマンの演奏とは随分異なり、好みの分かれるところでしょう(コバケンもノイマンの方ですね)。カラヤンの一連の演奏や、緩徐楽章が素晴らしいブロムシュテットも忘れられません。さて、今年はドゥダメルVPOがどんな8番を聴かせてくれるのでしょう。今からワクワクです。

fuka さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
「第8」は、クーベリックがBPOをもてあま...

投稿日:2013/08/31 (土)

「第8」は、クーベリックがBPOをもてあまし気味で、曲の魅力を殺した音のドカドカしたうるささが耳につき、オーケストラを思い通りにドライヴできているのかちょっと疑問。1960年代半ばの彼は、若々しい魅力はあってもまだまだひよっこ。1972年録音の「新世界」は、8番よりはずっといいが、後年のバイエルン放送等での至高の素晴らしさには遠く及ばない。評価は「第8」星2つ・「新世界」は4つ。

higashi.h さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
第8番は60年代のDGを代表するトーンマイス...

投稿日:2013/01/31 (木)

第8番は60年代のDGを代表するトーンマイスター(バランスエンジニア)であるギュンター・ヘルマンスが録音を担当している。氏の録音は鮮明さ・特に高弦を克明に録ることに力点が置かれ、中音域の広がりや、低域の深み・伸びを完全に抑え込んでいるのが特徴である。SACDでもこの特徴はそのまま残っていて、せっかくの名演をそこなっている。これよりもまっとうな音のするCDは枚挙にいとまがない。SACDだから音がいいということにならない見本というべきである。

アーノンクール さん | 岡山県 | 不明

1

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品