ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第9番『新世界より』 朝比奈隆&大阪フィルハーモニー交響楽団

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KICC3617
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドヴォルザーク交響曲第9番『新世界より』
朝比奈隆&大阪フィル
熱く雄大な情熱とロマン―興奮度100%の完全燃焼ライヴ


『新世界』は、朝比奈にとっては比較的珍しいレパートリー。最晩年期の巨匠にはみられない、豪快かつ切々とした表現力が魅力だ。終楽章のクライマックスでは金管、ティンパニを強奏させ、低弦は地響きを立てるように突き進んでくる・・ただ圧巻!初の廉価盤化。レコ芸準推薦(再発)(キングレコード)

【収録情報】
・ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界から』

 大阪フィルハーモニー交響楽団
 朝比奈 隆(指揮)

 録音時期:1982年1月8日
 録音場所:大阪、フェスティヴァル・ホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 音源:ファイアバード


【ベリー・ベスト・クラシック1000U】
●ドイツ・シャルプラッテン、キング、クラーヴェスから優秀録音50タイトルを厳選。
●原則としてオリジナル・マスターテープから最新24ビット・リマスタリング。
●ジャケットとライナーノーツは日本初発売時のオリジナルをできるかぎり再現。

内容詳細

ドヴォルザークなど、スラブものを得意としていた朝比奈隆の豪快なドヴォルザークの「新世界」。イン・テンポでぐいぐいと押し切ってゆき、フィナーレで爆発させている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
結論から書くと、前述のレインボーさんとほ...

投稿日:2016/10/06 (木)

結論から書くと、前述のレインボーさんとほぼ同意見です。 高校時代にこのLPで発売されたとき、タスキに『新世界が日本から見えた』と書かれてあったのが妙に印象深く、素直に「日本から見えた新世界ってどんななんだろう?」と聴き欲がフツフツと湧き上がってきまして… 当時高くて手に入らなかったLPが、今ではCD化されてこんなに安く買うことが出来、悩まずに買って聴いてみたんですが、芸術性というよりは、日本のオケの高度成長時代の記録…と言った方がシックリ来るような演奏でした。 ”音のナマナマしさ”という意味では堪能できるものの、音響のすべてがシッカリしたハコに収まっているのか?と言うと、かなり疑問であります。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
私は、交響曲とジャンルではドヴォルザーク...

投稿日:2012/07/24 (火)

私は、交響曲とジャンルではドヴォルザークの新世界が好きです。 今回廉価発売になったので買って見ました。 演奏の内容はHMVのレビューに書かれている内容で合っていると思いますが、聴き終えた後、あまり印象には残りませんでした。 録音もライヴ録音と言う事を考えても、良いとは言えず(まあまあ位)、価格は安いと言えど、総合して考えれば、コレクター向きのアイテムかな?と思いました。 新世界を初めて聴く人は他の音源がおすすめです。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品