CD

交響曲第9番『新世界より』、交響詩『野鳩』 エリシュカ&札幌交響楽団

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DQC956
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』、『野鳩』
エリシュカ&札幌交響楽団


【収録情報】
ドヴォルザーク:
・交響曲第9番ホ短調 op.95『新世界より』
・交響詩『野鳩』 op.110

 札幌交響楽団
 ラドミル・エリシュカ(指揮)

 録音時期:2012年4月27-28日
 録音場所:札幌コンサートホールKitara
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

2012年4月Kitaraでのライヴ。温かな風格を感じさせる好演だ。音楽を外面的に整えるだけでなく、各声部(特に主旋律以外)の有機的な関連に配慮しながら全体を構築することで、スコアに込められた多元的な意味合いを見事に顕在化し、作品に奥行をもたらすエリシュカの手並みに感服させられる。(直)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい!! 美しい!! 札幌交響楽団...

投稿日:2015/01/27 (火)

素晴らしい!! 美しい!! 札幌交響楽団はまだ生で聴いた事がないが透明感のあるとても美しい響きを奏でている。 この美しさはやはりエリシュカの指揮によるものなのだろうか? 民族色を強調した演奏ではなく、普遍的な美しさを追求しているように感じる。 このコンビでシベリウスの音楽を聴いてみたい。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
これは最近聞いた新世界交響曲の中では出色...

投稿日:2013/01/01 (火)

これは最近聞いた新世界交響曲の中では出色の演奏です。小生が中学生時代の同時期に発売されたバースタイン&NYP、ケルテス&VPO、クレンペラー&PO、カラヤン&BPOを、今でも主に取り出して聞く機会が多いのですが、これにエリシュカ先生のが加わりました。 とにかく懐かしく、刺激的でなく、心のこもった演奏です。札響も頑張ってます。 私の通学していた中学校に出張演奏会に来てくれた当時の演奏レヴェルからすると、信じられないくらいです。 VPO、BPO、RCOAならもっと凄い音で完璧な演奏になるのでせうが、札響の各パートは良く頑張っています。指揮者の解釈に心底共感して、力まず存分に歌い切っていると思いました。数ある名演奏の中でも屈指の演奏です。 N響の定期演奏もとても素晴らしいですが、指揮者と札響との深い絆を感じます。 これからも慈しんで聞き続けて行きたい名盤で、多くの人に聞いて欲しい新世界交響曲ですね。

フォン・デメヤン さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
誠に克明な「新世界」。低弦の動きや内声部...

投稿日:2012/12/24 (月)

誠に克明な「新世界」。低弦の動きや内声部が大変よく聞こえるという意味で、細部まで手を抜かない職人仕事が光る。高弦は、高音部でやや細くなるが、気になるほどではない。低音部を中心にピラミッド状に音を積み上げた盤石感が素晴らしく、これは世界市場に出したい。金管群も、アメリカのオケのようにシャープではないが、うるさくなく、これくらいが丁度良い。ティンパにも、冒頭では強打せず、メゾフォルテである。と、思ったら、最終楽章のコーダ直前ではかなり強烈に叩き、締めの金管のコラールでは鳥肌が立つほどの立体感が出ており、素晴らしいの一言である。確かに、これまでの「新世界」は何だったのかと言いたくなる見事な演奏である。札響は、在京オケを上回るアンサンブルでエリシュカの指揮に応えている。交響詩「野鳩」も、凄演である。SACDではないが、録音も大変よく、不満はない。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

2

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品