CD

交響曲第9番『新世界より』、交響詩『水の精』 アーノンクール&コンセルトヘボウ管弦楽団

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS22131
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ワーナークラシック NEXT BEST 100
ドヴォルザーク:交響曲第9番≪新世界より≫/交響詩≪水の精≫ ニコラウス・アーノンクール

この作品が本来持っている緻密で大胆な構成と、類稀な旋律美を見事に引き出した演奏です。躍動感あふれるリズムや、細部を際立たせながらの終楽章での熱狂的な盛り上がりなど、スタイリッシュな演奏のカッコ良さは絶品。解説付(ワーナーミュージック・ジャパン)

【収録情報】
(Disc-1)
ドヴォルザーク
1.交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》 第1楽章:Adagio ? Allegro molto
2.交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》 第2楽章:Largo
3.交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》 第3楽章:Scherzo (Molto vivace)
4.交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》 第4楽章:Allegro con fuoco
5.交響詩《水の精》 作品107

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
指揮:ニコラウス・アーノンクール
録音時期:1999年
録音方式:デジタル(ライヴ=交響曲)

内容詳細

アーノンクールとRCOによるドヴォルザーク。交響曲第7番、8番に続く後期3大録音の完結編として発表された録音の再発盤。作品が本来持っている緻密な美しさとたぐいまれなる旋律美を見事に引き出している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
数多あるこの超有名曲の最もすばらしい演奏...

投稿日:2017/10/29 (日)

数多あるこの超有名曲の最もすばらしい演奏といえます。彼独特のスタイルがこんな超有名曲をもこれほど生き生きと描き出すとは、大変感激しました。改めてアーノンクールのすばらしさを感じさせてくれました。

0
★
★
★
★
★
ライブでこんな精巧な事をするアーノンクー...

投稿日:2011/09/17 (土)

ライブでこんな精巧な事をするアーノンクールは天才だ、と 思った。

ファン さん | 所在地 | 不明

0
★
★
★
★
★
1999年アーノンクール70歳の時RCOを振って...

投稿日:2011/01/28 (金)

1999年アーノンクール70歳の時RCOを振っての「新世界」交響曲ライブ録音です。私は以前同じ組合せでのドヴォルザーク交響曲第8番が大変気に入った事があったのですがこれもその後期ドヴォルザーク交響曲シリーズの一環として聴きました。第1楽章出だしから随所に新発見がありますが主部への移行は割りとアッサリ目。RCOのサウンドは勿論土俗的ではなく美しく聴かせる意識が無くても旋律美をビロード弦が奏でます。普通聴き流しているフレーズも時としてクローズアップしてくれ新鮮さ満載。演奏は反復されておりコーダは歯切れよく畳み掛けます。第2楽章の有名な主テーマの運びは比較的テンポ速いものの各声部がはっきり分かります、後盤の室内楽的味わいが素晴らしいです。第3楽章、RCOに似つかわない未開拓分野の様なエネルギーを秘めて進めいよいよの最終楽章ではアーノンクールらしい生々しい弦の動きが聴き処・・・多分楽器配置による処も大きいのではないでしょうか。充実した管がメインとなって息もつがせぬアージャント気味。しかし最後の〆結びはゆっくりとし引き摺り対照的にします。演奏タイムは@11’22A12’16B8’19C10’51となってバランスからすれば少し最終楽章が心もち短め・・・? 余白の交響詩「水の精」(21’08)はドヴォルザークが交響曲から交響詩作曲家への移行を示す印象画的作品で余り普段聴くことはないのですが分り易い「水の精」テーマ動機を中心に曲運びがなされます。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品