ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第9番『新世界より』、スメタナ:『モルダウ』、リスト『前奏曲』 フリッチャイ&ベルリン・フィル、ベルリン放送響

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4636502
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》/スメタナ:交響詩《モルダウ》/リスト:交響詩《前奏曲》(*)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送交響楽団(*)
指揮:フェレンツ・フリッチャイ
録音:1959年10月、1959年9月、1960年2月 ベルリン

収録曲   

  • 01. Symphonie No.9 E-Moll Op.95 "Aus Der Neuen Welt"
  • 02. Die Moldau
  • 03. Les Preludes

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
31
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは新世界そのものを超えた、劇的で雄渾...

投稿日:2020/11/29 (日)

これは新世界そのものを超えた、劇的で雄渾な素晴らしい演奏。 ドヴォルザークはノイマンの70年代のチェコフィルの演奏が一番好きだが、このフリッチャイとベルリンフィルの演奏は格別。 一個人的な感想です。

紙ジャケぎらい さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
凡庸指揮者のひとり、フリッチャイの新世界...

投稿日:2019/12/20 (金)

凡庸指揮者のひとり、フリッチャイの新世界交響曲。響きはそれなりに鳴っているが中身がなく感動に程遠い。同じBPOでもテンシュテットとはまるっきり違う。よーく聴いてください、内的充実感に欠け、スカスカ。たいたいていの評論家も支持ちするが、ケルテスやクレムペラー、テンシュテットの演奏にとても及ばない。評論家故U氏が少しも言及しなかったのもうなずける。自分の耳を信ずること。フルトヴェングラーがウイーンPOを振ってもVPOの音がしないと言った評論家がいたが、オリジナルLPの音を知らない人が評論家としているのだから、専門家も当てにならないことがありますから。この新世界そんなにいいのでしょうか。星三つでいいでしょう。リストの前奏曲、モルダウも同様で、音がそれなりになっているだけといったふうで、少しも良いと思はない。あの大指揮者の演奏と比べるまでもないでしょう。

robin さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
これほど多くの賛辞が並ぶ中、屋上屋を架す...

投稿日:2015/07/30 (木)

これほど多くの賛辞が並ぶ中、屋上屋を架すことになるのは百も承知で投稿。Blu-ray Audioの、予想をはるかに上回る高音質に圧倒された。録音当時、健康状態からしても“死”を意識せざるを得なかったであろうフリッチャイが、この演奏に込めた壮絶な気迫が驚くべきリアルさで伝わってくる。今まで聴いてきたCDの音とはまるで別物。この演奏が自分にとって特別な存在であるすべての人、必聴!

チタンシルバー さん | 千葉県 | 不明

5

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト