ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第7番、第8番 スイトナー&シュターツカペレ・ベルリン

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KICC3650
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ベスト・セレクト・クラシック1000
ドヴォルザーク:交響曲第7番、第8番
スイトナー&シュターツカペレ・ベルリン


「スイトナーは正攻法でアプローチする事により、曲の構成を明らかにし尽くしている。そして全体は明快でモダンなサウンドに溢れ、実にキビキビしているのが良い。シュターツカペレ・ベルリンも、総帥のスイトナーのバトンに、立ち上がり良く反応していて、頗る機能的である。」 出谷啓 ライナーノーツより(KING RECORDS)

【収録情報】
ドヴォルザーク:
● 交響曲第7番ニ短調 op.70
● 交響曲第8番ト長調 op.88

 シュターツカペレ・ベルリン
 オトマール・スイトナー(指揮)

 録音時期:1981年2月(第7番)、1977年7月(第8番)
 録音場所:旧東ベルリン、キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 最新リマスタリング

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
オトマール・スウィトナーと手兵シュターツ...

投稿日:2017/09/03 (日)

オトマール・スウィトナーと手兵シュターツカペレ・ベルリン(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)が旧東ドイツの国策レーベル、ドイツ・シャルプラッテンに入れた ドヴォルザークの交響曲全集からの分売。第7番は1981年、第8番は1977年、いずれも旧東ベルリン、キリスト教会での収録。腕利きの名職人スウィトナーによる、いい意味で中庸でバランスの取れた演奏である。外面的な華やかさはあまり無いが中身はギュッと詰まっていて、安心して聴ける。しっかりとした聴き応えがあり、スウィトナーの意欲の高さも伝わってくる。音質良好。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品