ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD

交響曲全集 ノイマン&チェコ・フィル(1981〜87)(6CD)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCQ83919
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
ボックスコレクション

商品説明

ドヴォルザーク:交響曲全集(第2回録音)
ノイマン&チェコ・フィル


【収録情報】
ドヴォルザーク:
・交響曲第1番ハ短調 op.3『ズロニツェの鐘』
・交響曲第2番変ロ長調 op.4
・交響曲第3番変ホ長調 op.10
・交響曲第4番ニ短調 op.13
・交響曲第5番ヘ長調 op.76
・交響曲第6番ニ長調 op.60
・交響曲第7番ニ短調 op.70
・交響曲第8番ト長調 op.88
・交響曲第9番ホ短調 op.95『新世界より』

 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)

 録音時期:1981-1987年
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム
 録音方式:デジタル(セッション)

内容詳細

68年以来40年近くチェコ・フィルを率いてきたノイマンの、没後10年を記念してのシリーズ。ベートーヴェンの第7番は、日本初出音源。得意のドヴォルザークは、2度目のデジタル録音のもの。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
ノイマン+チェコフィル+デジタルということ...

投稿日:2019/12/31 (火)

ノイマン+チェコフィル+デジタルということで期待してたのだが、 音楽にメイハリが無いように思う。 旧録音と6・7・8番で聴き比べるとオケの力強さに新録音が負けている。 無難な路線という印象を受ける。 もちろん録音はと言いたいのだが、デジタル初期特有のレンジの狭さも感じる。 というわけで、新旧どちらかを選ぶかと言えば旧録音を推したい。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ドヴォルザークの全集ではこれが一番かな。...

投稿日:2014/07/19 (土)

ドヴォルザークの全集ではこれが一番かな。 ノイマンの70年代旧全集もよかったけど、あちらは録音が今一。

にわかのだめ さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
全集ゆえ、ナンバーによって出来不出来、好...

投稿日:2012/07/15 (日)

全集ゆえ、ナンバーによって出来不出来、好き嫌いがあるのはいたしかたないとは言え、ドヴォルザークの交響曲全集では 最良の全集と言えると思う。全曲の大まかな感想としては、重心の低い民族臭濃厚な演奏 と言える。個人的好みで言えば、7番や8番はカラヤンやセルのような、都会的な垢ぬけた演奏の方がシックリ来る。素晴らしいのはまず第6番、そして第9番、第4番。この3曲は同曲中の最高の名演に数えられるだろう。第9番に関して、同曲の録音はこの後も販売されていて、新盤の方がノリはいいのだが、チェコ音楽としての味わいはこの全集の9番の方が優れている。そもそも第9番は、星や砂の数ほど?のCDがある。その中でこれほどありきたりな第9番が、これほど感動的に演奏されることそのものが奇蹟だ。1番、2番は比較する対象を聴いておらず、3番はこのCD以外ではコシュラー盤を聴いただけでまだモヤモヤしているだけなので感想は控えます。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

4

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品