ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 スイトナー&シュターツカペレ・ベルリン

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CCCC0002782
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

【収録情報】
CD1
・交響曲第1番ハ短調

CD2
・交響曲第2番変ロ長調Op.4
・交響曲第3番変ホ長調Op.10

CD3
・交響曲第4番ニ短調Op.13
・交響曲第5番ヘ長調Op.76

CD4
・交響曲第6番ニ長調Op.60
・交響曲第7番ニ短調Op.70

CD5
・交響曲第8番ト長調Op.88
・交響曲第9番ホ短調Op.95

 シュターツカペレ・ベルリン
 オトマール・スイトナー(指揮)

 録音時期:1977年〜1981年
 録音場所:イエス・キリスト教会、ベルリン
 録音方式:ステレオ(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony no 1 in C minor, B 9 "The Bells of Zlonice"
  • 02. Symphony no 1 in C minor, B 9 "The Bells of Zlonice"
  • 03. Symphony no 1 in C minor, B 9 "The Bells of Zlonice"
  • 04. Symphony no 1 in C minor, B 9 "The Bells of Zlonice"

ディスク   2

  • 01. Symphony no 2 in B flat major, Op. 4/B 12
  • 02. Symphony no 2 in B flat major, Op. 4/B 12
  • 03. Symphony no 2 in B flat major, Op. 4/B 12
  • 04. Symphony no 2 in B flat major, Op. 4/B 12
  • 05. Symphony no 3 in E flat major, Op. 10/B 34
  • 06. Symphony no 3 in E flat major, Op. 10/B 34
  • 07. Symphony no 3 in E flat major, Op. 10/B 34

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
スイトナーの演奏はN響とのモーツァルトや...

投稿日:2021/03/10 (水)

スイトナーの演奏はN響とのモーツァルトやブラームスをFMでよく聴いていました。 その後は体調を崩されて耳にする機会も減っていました。先日、父親の持っていたシャルプラッテンのドヴォルジァーク 6番のLPを見つけて聴いてみたら、これが素晴らしいではありませんか。変に力むこともなく自然で美しい音が響いていました。それでこのお値打ちな全集を購入した次第です。全曲とも綺麗な音色で本当に自然なドヴォルジャークです。 録音もかなり優秀だと思います。 シュターツカペレ・ベルリンはバレンボイムの指揮で聴くことが多くなりましたが、スウィトナーの時代の音はバランスが良く綺麗で「すぅー」としていますね。 ノイマンやクーベリックも良いですが、透明感があって美しいスウィトナーのドヴォルジァーク。素晴らしい演奏でした。 皆さんも聴いてみてください。おすすめです。

rela-cla88 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
録音された年代を見ると、DENONでPCM録音に...

投稿日:2020/08/10 (月)

録音された年代を見ると、DENONでPCM録音によるベートーヴェン交響曲全集を録音していたタイミングと重なります。  指揮者もオケも充実のころの演奏でうまいし渋い。ドイツ・シャルプラッテンが原盤だと思いますが、音も優しく温かい。これがこのオケの音なのだと思います。おまけにブリリアントになってから安いとなったら買っておくという判断になりました。そして想定通り名演です。  ドボルザークの「新世界より」は中学の音楽の時間に習ったのが最初ですが、それ以来、2楽章も4楽章もふと口ずさんでいることがあります。最近、新規での録音はニュースになりませんが、ノイマン、クーベリックとともにそばに置いておきたい名演です。お勧めします。

M1959 さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
★
スイトナーはN響などでなじみがありながら...

投稿日:2020/04/05 (日)

スイトナーはN響などでなじみがありながらもけっして多くを聞いた演奏家でありませんが、これはいい演奏で驚きました。どう良いのか言葉にしづらいのですが、おおよそ全体を通して感じますのは、抑制?ではなく慎み?でもなく、常に楽器のバランスにおいて何かをこれ以上鳴らすと角が立つぎりぎりを行っている感じです。メリハリがありながらも細くなるような所は全く無く、常に極太ですし良い意味での荒さもあり熱気もあります。私の中でのドヴォルザークのBEST盤を更新しなければなりません。なお、本品はクラムシェルボックスではなくプラケースでした。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

4

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品