CD 輸入盤

交響曲全集 クーベリック指揮ベルリン・フィル(6CD)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
463158
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

ドヴォルザーク:交響曲全集(6CD)
クーベリック&ベルリン・フィル

交響曲は1966〜73年ステレオ録音。全集最初の録音となる66年の第8番に象徴される力強いアプローチから、後年の『新世界』でのスケール・アップした演奏まで、作品に応じて常に適切な対応がおこなわれた見事な全集で、馴染みのない初期の作品もここでは魅力十分な音楽として自信たっぷりに演奏されています。
 ベルリン・フィルの強大な威力を縦横に駆使して実に野趣横溢、作品固有のローカリティに周到な配慮をみせながらも、けっしてそこに安住せず、より普遍的な作品像を希求しているのが当全集の特徴で、土の香りを色濃くたたえながらも品格を失わないこれらの演奏はまったく見事としかいいようがなく、その高い完成度と尽きせぬ魅力はいまだ他の追随を許しません。リマスターで鮮烈になったサウンドも特筆ものです。

・ドヴォルザーク:交響曲全集(6CD)
 @交響曲第1番ハ短調 op.3『ズロニツェの鐘』
 A交響曲第2番変ロ長調 op.4
 B交響曲第3番変ホ長調 op.10
 C交響曲第4番ニ短調 op.13
 D交響曲第5番ヘ長調 op.76
 E交響曲第6番ニ長調 op.60
 F交響曲第7番ニ短調 op.70
 G交響曲第8番ト長調 op.88
 H交響曲第9番ホ短調 op.95『新世界より』
 Iステルツォ・カプリチオーソ op.66
 J序曲『謝肉祭』op.92
 K交響詩『野鳩』op.110

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 バイエルン放送交響楽団I−K
 ラファエル・クーベリック(指揮)
 録音:1966−1973年[@−H]
    1973−1976年[I−K]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1 In C Minor, 'The Bells of Zlonice': 1. Allegro
  • 02. Symphony No. 1 In C Minor, 'The Bells of Zlonice': 2. Adagio molto
  • 03. Symphony No. 1 In C Minor, 'The Bells of Zlonice': 3. Allegretto
  • 04. Symphony No. 1 In C Minor, 'The Bells of Zlonice': 4. Finale: Allegretto
  • 05. Symphony No. 4 In D minor, Op. 13: 1. Allegro
  • 06. Symphony No. 4 In D minor, Op. 13: 2. Andante sostenuto e molto cantabile

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 4 In D minor, Op. 13: 3. Scherzo: Allegro feroce
  • 02. Symphony No. 4 In D minor, Op. 13: 4. Finale: Allegro con brio
  • 03. Symphony No. 2 In B Flat Major, Op. 4: 1. Allegro con moto
  • 04. Symphony No. 2 In B Flat Major, Op. 4: 2. Poco adagio
  • 05. Symphony No. 2 In B Flat Major, Op. 4: 3. Scherzo: Allegro con brio
  • 06. Symphony No. 2 In B Flat Major, Op. 4: 4. Finale: Allegro con fuoco

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 さすがの、クーベリック指揮しても、ベル...

投稿日:2015/10/09 (金)

 さすがの、クーベリック指揮しても、ベルリン・フィル・オーケストラのカラヤン色は拭い切れなかった。非常に美しい音なんだけど、ドボルザークの表現したかったこと、クーベリックの表現したい事を、描き切れていない。そういえば、ノイマンも、自身の指揮でチェコ・フィルなのに、交響曲第9番「新世界より」初演100周年記念コンサートでは、国際中継なので、地元なのにアメリカン配置で、地味なオーソドックスな演奏しかさせてもらえなかった。クーベリックも、もっとチェコの味を出したかっただろうに。かわいそうだな。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
音が豪華すぎて、今ひとつ馴染めません。威...

投稿日:2014/05/31 (土)

音が豪華すぎて、今ひとつ馴染めません。威圧されているようで。。。カラヤン全盛期のベルリンPOのせいか、クーベリックの音というよりベルリンPOという気がします。でも、レベルの高い全集だと思います。全集としては、個人的には、ヴァーレク=プラハRSOの落ち着きのある演奏が好きです。

Human@TheEarth さん | 静岡県 | 不明

4
★
★
★
★
★
好評を博しているユニバーサルによるシング...

投稿日:2011/10/01 (土)

好評を博しているユニバーサルによるシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化シリーズも、今月はクーベリックによるチェコ音楽3点の登場となった。いずれも圧倒的な名演であるだけに、選定された音源としてもいささかも文句がないと言える。今般の企画を行ったユニバーサルにこの場を借りて感謝を申し上げておきたい。今般のシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化の対象となった演奏のうち、クーベリック&ベルリン・フィルによるドヴォルザークの交響曲第8番及び第9番は、本盤におさめられたこのコンビによる交響曲全集からの抜粋である。交響曲第8番及び第9番については、既にリマスタリングCDが発売された際に、次のようなレビューを既に投稿済みである。「クーベリックは、ドヴォルザークの交響曲、とりわけ第8及び第9については何度も録音しているが、その中でも最も優れた演奏は、本盤におさめられたベルリン・フィル盤であると考える。第8については、その後、バイエルン放送交響楽団とともにライヴ録音(1976年)、第9については、バイエルン放送交響楽団(1980年)、次いでチェコ・フィル(1991年)とともにライヴ録音しているが、バイエルン放送交響楽団との演奏は、いずれも演奏自体は優れた名演に値するものであるが、ノイズの除去のために低音域を絞ったオルフェオレーベルの音質が演奏のグレードを著しく貶めていることになっており、私としてはあまり採りたくない。第9のチェコ・フィル盤は、ビロード革命後のチェコへの復帰コンサートの歴史的な記録であり、演奏全体に熱気は感じられるが、統率力にはいささか綻びが見られるのは否めない事実である。こうした点からすれば、クーベリックによるドヴォルザークの第8及び第9の決定盤は、本盤におさめられた演奏ということになる。それどころか、他の指揮者による名演と比較しても、トップの座を争う名演と高く評価し得るのではないだろうか。このうち第8は、1966年と録音年がいささか古いが、それだけにベルリン・フィルが完全にカラヤン色に染まっていない時期の録音であり、チェコの大自然を彷彿とさせるような情感の豊かさや瑞々しさが演奏全体に漲っているのが特徴だ。テンポなども随所で変化させており、トゥッティに向けて畳み掛けていくような気迫が漲っているが、音楽の自然な流れをいささかも損なっていないのが素晴らしい。本盤の4年後に、セル&クリーヴランド管弦楽団による同曲最高の超名演(1970年)が生まれているが、本演奏はそれに肉薄する超名演と高く評価したい。これに対して、第9は1972年の録音。ベルリン・フィルがほぼカラヤン色に染まった時期の録音だ。それだけに、全体的にはチェコ風の民族色がやや薄まり、より華麗で明瞭な音色が支配しているように感じるが、それでも情感の豊かさにおいてはいささかの不足もなく、第9の様々な名演の中でもトップの座を争う名演であることには変わりはない。ただ、名演としての評価は揺るぎがないものの、クーベリックらしさと言う意味においては、第8と比較するとややその個性が弱まっていると言えるところであり、このあたりは好き嫌いが分かれるのかもしれない。ベルリン・フィルも、両演奏ともにクーベリックの指揮の下、素晴らしい演奏を繰り広げており、各管楽器奏者の卓越した技量には惚れ惚れするほどだ。」そして、かかる高評価は、本全集におさめられた他の交響曲や管弦楽曲(管弦楽曲についてはバイエルン放送交響楽団との演奏であるが、技量的にはベルリン・フィルと何ら遜色がない。)にも共通するものであると言えるところであり、本全集は、いくつか存在しているドヴォルザークの交響曲全集の演奏の中でもトップの座に君臨する至高の名全集と高く評価したいと考えている。音質については、リマスタリングがなされるなどかなり良好なものであると言えるが、前述のように、本全集のうち第8番及び第9番については、今般、ユニバーサルがシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化が図られることになった。これは、当該演奏が至高の超名演であることに鑑みても、歴史的な快挙と言えるだろう。当該シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤は、これまでの既発のリマスタリングCDとは次元が異なる極上の高音質であり、音質の鮮明さ、音圧、音場の広さのどれをとっても一級品の仕上がりであると言える。クーベリックによる歴史的な超名演、そしてドヴォルザークの交響曲の第8番及び第9番の演奏史上トップの座を争う至高の超名演を、このような極上の高音質SACD盤で味わうことができるのを大いに喜びたい。また、可能であれば、それ以外の交響曲(特に第6番及び第7番)や管弦楽曲についても、シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化を望む聴き手は私だけではあるまい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

9

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト