ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集(1971〜73)、交響的変奏曲、交響詩集、序曲集 ヴァーツラフ・ノイマン&チェコ・フィル(8CD)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SU4090
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


第1回目の交響曲全集が「SUPRAPHON」初CD化!
ノイマン&チェコ・フィルによるドヴォルザーク作品集


チェコの生んだ名匠ヴァーツラフ・ノイマン[1920-1995]がチェコ・フィルを指揮して、ドヴォルザークの交響的作品を演奏したセット。8枚組のボックスには、当コンビの傑作録音のひとつとされ、1973年度の第11回レコード・アカデミー賞交響曲部門にも輝いた交響曲全曲のほかに、チェコの国民詩人K.J.エルベンのバラードに着想された交響詩4曲、演奏会用序曲三部作などが収められています。
 当コンビ第1回目の交響曲全集は、1971年から1973年にかけて、響きのすぐれたルドルフィヌムでセッション収録されたもので、ようやく本家スプラフォンより初CD化となります。つまり、CD化にあたり、必然的に「独自のデジタル・リマスタリング」が施されることになるので、その仕上がりにも注目したいところです。(輸入元情報)

スメタナ四重奏団の初代メンバーだったノイマン[1920-1995]は、チェコ・フィルのヴィオラ奏者も兼ねており、1947年にクーベリックの代役でチャンスをつかんでからは指揮者に転進。以後、途中10数年の空白期間があるとはいうものの、チェコ・フィルとは実に半世紀に及ぶ関係を築き上げることになります。
 そんな彼らの最も優れたレコーディングのひとつに数えられるのが、この最初のドヴォルザーク:交響曲全集だというのはよく耳にする意見です。
 この全集録音は、1968年のいわゆる「チェコ事件」(ソ連軍や東ドイツ軍などでつくられたワルシャワ条約機構軍によるプラハ侵攻)に抗議して、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者とライプツィヒ歌劇場の音楽監督の地位を投げ打ってチェコ・フィルの仕事に専念することになったノイマンにとって、手兵との初めての大規模なレコーディング・プロジェクトとなったものです(プラハ侵攻当時の首席指揮者アンチェルはカナダへ亡命)。
 困難な時期を共に過ごす緊張感のあらわれか、演奏の密度は非常に高く、微細な素材に至るまできちんと陰影の付いたスラヴ的な表現は、黄金時代のチェコ・フィルならではの世界です。ホールの良さもあって音質もかなり良好な状態なのも嬉しいところ。(HMV)

【収録情報】
ドヴォルザーク:交響的作品集

Disc1
(47:31)
● 交響曲第1番ハ短調 B9『ズロニツェの鐘』(録音時期:1973年1月)

Disc2 (49:56)
● 交響曲第2番変ロ長調 Op.4, B12(録音時期:1973年1月)

Disc3 (76:02)
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.10, B34(録音時期:1973年1月)
● 交響曲第4番ニ短調 Op.13, B41(録音時期:1973年1月)

Disc4 (61:18)
● 交響曲第5番ヘ長調 Op.76, B54(録音時期:1972年1月)
● 交響的変奏曲 Op.78, B70(録音時期:1968年9月)

Disc5 (80:35)
● 交響曲第6番ニ長調 Op.60, B112(録音時期:1972年10月)
● 交響曲第7番ニ短調 Op.70, B141(録音時期:1972年6月8,28日、8月31日)

Disc6 (75:54)
● 交響曲第8番ト長調 Op.88, B163(録音時期:1971年10月24-26日)
● 序曲『自然の王国で』 Op.91, B168(録音時期:1979年11月30日-12月4日)
● 序曲『謝肉祭』 Op.92, B169(録音時期:1980年2月18,19日)
● 序曲『オセロ』 Op.93, B174(録音時期:1979年11月30日-12月4日)

Disc7 (41:20)
● 交響曲第9番ホ短調 Op.95, B178『新世界より』(録音時期:1972年2月2日-3月2日)

Disc8 (78:20)
● 交響詩『水の精』 Op.107, B195(録音時期:1977年2月28日-3月2日)
● 交響詩『真昼の魔女』 Op.108, B196(録音時期:1977年2月28日-3月2日)
● 交響詩『金の紡ぎ車』 Op.109, B197(録音時期:1977年8月26-30日)
● 交響詩『野ばと』 Op.110, B198(録音時期:1977年8月26-30日)

 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴァーツラフ・ノイマン
(指揮)

 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1 in C minor the Bells of Zlonice 47:31 TT

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 2 in B Flat Major, Op. 4 49:56

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ノイマンによるドヴォルザーク交響曲全集の...

投稿日:2018/01/14 (日)

ノイマンによるドヴォルザーク交響曲全集の第1回目の録音。 モノラル録音ではないが、音質からは古さが感じられる。 第8と9番が他の交響曲に比べて格段にいい。第9番は名演だ。 第9番ではノイマン指揮、チェコ・フィルによるチェコ人にしか表現出来ない世界を繰り広げるのかと思いきや、チェコにとどまらない普遍的な音楽を表現しているようだ。 これまで聴いた第9番の中では一番印象に残った。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
☆
はい、歴史的名作です。ドボ8、新世界より...

投稿日:2014/12/23 (火)

はい、歴史的名作です。ドボ8、新世界よりを家に置くならこの一枚です。欠点は謝肉祭がないことです。中学生の頃一週間に何度このレコードを聴いていたことか。しかし、当時はいい音だと思っていたが、音はそのままだが、今の録音技術の高さも嫌でも認めてしまいます。オーディオ的なファンは最近のCDを選んだほうがいいと思います。私は、これが好きなんです。当時の匂いまで甦ってきます。

ken さん | 京都府 | 不明

0
★
★
★
★
★
1972年録音の新世界は、私のクラシック音楽...

投稿日:2012/05/31 (木)

1972年録音の新世界は、私のクラシック音楽鑑賞歴の原点です。当時高校生だった 私は、LPでこのノイマンの演奏を購入しました。まだ初心者でノイマンも誰か知らず ジャケットがターナーか誰かの夕焼けの絵でなんとなく惹かれたのでした。家にあった装置は当時流行した4チェンネルでしたが、冒頭のテンパニーの強打が、はっきり とスピーカーの中央奥から聞こえ驚いたものでした。これも長年のオーディオ歴の原点です。今回のCDのリマスタリングは成功していると思いますが、LPで記憶しているチェコフィルの弦の音はもう少し、カーキ色の東欧の音だったと思います。このCDの音は輝きが有りすぎる気がします。いずれにせよ演奏の素晴らしさは変わりありません。溌剌としてメリハリがあり後年の演奏よりずっと良いと思います。

ローピン81 さん | 大阪府 | 不明

5

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品