CD 輸入盤

交響曲全集、管弦楽曲集 リボル・ペシェク&ロイヤル・リヴァプール・フィル、チェコ・フィル(7CD)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029597506
組み枚数
:
7
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ドヴォルザーク:交響曲全集、管弦楽曲集(7CD)
リボル・ペシェク&リヴァプール・フィル、チェコ・フィル


1987〜1996年デジタル録音。1933年プラハ生まれのチェコの指揮者、リボール・ペシェクが壮年期にヴァージン・クラシックスで制作したドヴォルザークの交響曲全集は、チェコ音楽ファンの高い評価を得てきた隠れた名盤です。
 ドヴォルザークは20代から交響曲を書きはじめており、24歳で書いた第1番、第2番共に50分前後というかなりの力作で、30代前半には第3番、第4番、第5番を書き上げていました。
 これら5曲はすべてブラームスの交響曲第1番が完成する前に作曲されたもので、ワーグナーからの直接的な影響が認められる曲も多いのが特徴でもあります。
 そして30代後半から40代の終わりにかけては第6番、第7番、第8番を作曲、そして50代で第9番を書いていました。
 ここではこれら9曲の交響曲のほかに、演奏会序曲4曲、組曲2曲、交響詩1曲、そして『スケルツォ・カプリチオーソ』という聴きごたえのある管弦楽作品を計8曲収録しています。(HMV)

【収録情報】
Disc1

ドヴォルザーク:
1. 交響詩『野鳩』 op.110
2. 交響曲第1番ハ短調 op.3『ズロニツェの鐘』
3. 演奏会序曲『謝肉祭』 op.52

Disc2
4. 交響曲第2番変ロ長調 op.4
5. 演奏会序曲『わが家』 op.62
6. スケルツォ・カプリチオーソ op.66

Disc3
7. 交響曲第3番変ホ長調 op.10
8. 交響曲第4番ニ短調 op.13

Disc4
9. チェコ組曲 op.39
10. 交響曲第5番ヘ長調 op.76

Disc5
11. 演奏会序曲『自然の中で』 op.91
12. 交響曲第6番ニ長調 op.60
13. 演奏会序曲『オセロ』 op.93

Disc6
14. 交響曲第7番ニ短調 op.70
15. 交響曲第8番ト長調 op.88

Disc7
16. 交響曲第9番ホ短調 op.95『新世界より』
17. 組曲『アメリカ』 op.98b

 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団(1,2,3,6,7,14,15,16,17)
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(4,5,8,9,10,11,12,13)
 リボル・ペシェク(指揮)

 録音時期:1987〜1996年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ペシェクといえば、かつてスロヴァキアフィ...

投稿日:2012/10/06 (土)

ペシェクといえば、かつてスロヴァキアフィルとの演奏が廉価レーベルで聴けるほどしか知名度のない指揮者でしたが、欧州・アメリカではメジャーなオーケストラを指揮している有名な方です。 リヴァプールフィル常任指揮者時代には、女王陛下よりナイトの称号も受けています。 日本にも客演として来日していますが、チェコの有名な指揮者の影に隠れ、日本での知名度はいまいちでした。 現在はチェコナショナルフィルの常任指揮者とのことですが、これから活躍が期待される指揮者で来日の機会も増えるのではと思っています。 元々実力のある方ですし、このCDの演奏も手堅く構築力のある力量が伺えます。 ナクソスレーベルが出る以前から、個人としてとてもお世話になっている指揮者ですので、期待も込めて星5つ(^_^)

まなべえ さん | 鹿児島県 | 不明

8
★
★
★
★
☆
交響曲1,3,7-9番、野鳩、スケルツォ・カプ...

投稿日:2009/01/25 (日)

交響曲1,3,7-9番、野鳩、スケルツォ・カプリチオーソ、謝肉祭、アメリカ組曲がリヴァプール・フィルで、残りがチェコ・フィルの演奏です。曲ごとの録音年月日は明記されていません。二つのオケの音色や技術的指向に随分違いがあるようなので一緒くたには言えませんが、どの演奏でもペシェクの色が良く出ているのではないでしょうか。総じてレベルの高い充実した演奏で、この曲数、値段を考えれば、損は全く感じない良いお買い物だと思います。

shinsaqu さん | 山口県 | 不明

5
★
★
★
★
☆
ドヴォルザーク全集は名盤の誉れ高いノイマ...

投稿日:2004/04/15 (木)

ドヴォルザーク全集は名盤の誉れ高いノイマン盤がいいと思うけど、ペシェク盤もマズマズの水準ではないでしょうか。6、7番あたりが名演かと思います。一聴して良かったと思ったのが6番。アゴーギグを効かして楽しく聴かせてくれた。 ただし、2番はモヤモヤした響きがいただけない。ノイマン盤を10点としたらの相対評価で7.5点を付けたいところですが、ご祝儀付きでの8点です。

むらむら さん | 松島 | 不明

4

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト