ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD

ピアノ協奏曲 リヒテル、C.クライバー&バイエルン国立管弦楽団

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE91088
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD

商品説明

EMIクラシックス・ベスト100・プレミアム
リヒテル、クライバー/ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲

巨匠リヒテルと鬼才クライバーの奇跡的出会いが生んだ白熱の名演!
EMIクラシックス・ベスト100・プレミアム HQCDで登場!

時は1976年、場所はドイツ、ミュンヘン、ここで奇跡の邂逅がなされました。リヒテルとクライバーという20世紀クラシックの大御所による夢の共演です。力強い生命力と豊かな詩情を湛えた快演で、あまり聴かれることのないドヴォルザークのこの協奏曲に新たな魅力を与えています。レコード芸術推薦(EMI)

【収録情報】
・ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲ト短調 作品33

 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 バイエルン国立管弦楽団
 カルロス・クライバー(指揮)

 録音時期:1976年
 録音方式:ステレオ(セッション)

内容詳細

20世紀クラシックの大御所リヒテルとクライバーが夢の共演を果たした1976年、ドイツ・ミュンヘンでの録音をHQCD化。あまり取り上げられることのないドヴォルザークのピアノ協奏曲に、新たな魅力を与えた白熱の名演だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
東京の方のレビューに既に載っているように...

投稿日:2013/06/04 (火)

東京の方のレビューに既に載っているようにドヴォルザークのピアノ協奏曲という珍凡品が正に「鶏を割くに牛刀を用ふ」との諺通りリヒテル(当時61歳)、C.クライバー(同46歳)という極めて個性的な両巨匠によって1976年オーケストラはバイエルン国立Oバックで収録演奏されたもの(タイム@18’25A8’50B11’03)で作品の演奏ということと両巨匠共演の記録としては中々面白いものであります。私は偶々この演奏をFMで聴いての感想を述べさせていただきます。チェコのヴァイオリニスト・・・カレル・スワロフスキーの為に他のドヴォルザークの協奏曲同様「短調」で書かれたものですが彼の言わばアメリカ時代での充実期以前の作品だからという若干先入観も手伝って曲自体一級品には少し及ばない感じがしました・・・まぁ平たく言えばそんなに数多く演奏盤があるわけではないのもピアノの華やかさを披露する場面が少ないのかバックオーケストラ演奏が主体的でそれも例えば第1楽章スタートはドヴォルザークらしいチェコ民謡風の哀愁を帯びた前奏が今一焦点定まらない内に骨太で深いタッチPソロが入ってすぐにメロディに推移して風情感をチラつかせます。一旦高揚してテーマを全奏するもののこの辺りの繰り返しの有様で単調と言えば単調・・・共演の両者も各々それなりにやっている感じがしました。カデンツァで一応形を示し〆はテーマの堂々再現。中間楽章スタートは比較的穏やかなPメロディで進んで中ほどクライバーの厳しい様相も聴かれ最終楽章はドヴォルザーク常套アプローチでの民族舞踊的なテーマの展開で賑やかではあってもこの辺りにもう一つ私は共感満点とは行きませんでした。二人の共演がそんなに丁々発止的な処も曲の性格上発揮度合いが低かったのかも知れません。しかしとにかくスタジオ録音でこの両者がこの曲を採り上げた動機が如何程のものだったのでしょうか。決してこの作品が駄作というわけではなく第1楽章などは結構じっくり聴いて見てみると次第にその良さが吹き込まれる感じもしないではありません。作品主体のレビューとなってしまいますが高品質盤で音色から楽しむ事として曲への新鮮な印象と演奏者の挑戦意義からオマケで素晴らしいランクとしましょう。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

0
★
★
★
★
★
ドヴォルザークの名曲、ピアノ協奏曲を、リ...

投稿日:2012/10/04 (木)

ドヴォルザークの名曲、ピアノ協奏曲を、リヒテルが!!力強いいぶし銀な名盤!オーケストラも、ダイナミクスに富んでいて、聞き応えがありました。

ひ〜ちゃん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ドヴォルザークが作曲した協奏曲と言えば、...

投稿日:2011/07/23 (土)

ドヴォルザークが作曲した協奏曲と言えば、何と言っても米国の音楽院に赴任中に作曲されたチェロ協奏曲が名高い。また、ボヘミアの民族色溢れた親しみやすい楽想でも知られるヴァイオリン協奏曲も名作であると言える。しかしながら、ピアノ協奏曲は、正直に言って魅力に乏しい作品と言わざるを得ない。ドヴォルザークの若き日の作品とは言え、親しみやすい旋律さえ殆ど存在しない凡作であり、演奏されること自体が稀な作品であると言える。にもかかわらず、レコーディングをあまり行わなかったクライバーと、これまた協奏曲の録音には常に慎重な姿勢で臨んだリヒテルが、よりによって、このような凡作のスタジオ録音を遺しているというのは実に不思議というほかはない。もっとも、そのことは裏を返せば、両雄が凡作とされている同曲に対して、スタジオ録音の意欲を湧き立たせるような魅力を見出していたということなのであろう。実際に、演奏は素晴らしい名演に仕上がっていると評価したい。リヒテルのピアノは、強靱な打鍵から繊細な抒情に至るまでの幅に広い表現力を駆使して、構えの大きい骨太の音楽を構築している。同曲には分不相応な堂々たるピアニズムとも言えるが、このような名演奏によって、同曲の知られざる魅力のベールをはじめて脱ぐことに成功したと言っても過言ではあるまい。クライバーの指揮も、あたかもベートーヴェンの交響曲に接するかのような真剣勝負で臨んでおり、畳み掛けていくような気迫と緊張感、そして切れば血が噴き出てくるような力強い生命力など、その強靭な迫力は我々聴き手の度肝を抜くのに十分であると言える。「鶏を割くに牛刀を用ふ」との諺が存在しているが、本演奏などはその最たるものであり、ドヴォルザークのピアノ協奏曲の演奏としては、リヒテルとクライバーという演奏者の格としてもオーバースペック、そしてその両雄による演奏も前述のようにオーバースペックと言えるだろう。しかしながら、リヒテルとクライバーが、このような真剣勝負の大熱演を繰り広げることによって、凡作とされてきた同曲が若干なりとも魅力がある作品に生まれ変わったというのも否定し得ない事実であり、その意味では、同曲の知られざる魅力に光を当てるのに成功した稀有の名演との評価もあながち言い過ぎではないと考えられるところだ。いずれにしても、本演奏は、同曲の唯一無二の名演として高く評価したい。録音は、従来盤が今一つの音質であったが、数年前に発売されたHQCD盤は、若干ではあるが音質が鮮明になるとともに、音場が幅広くなったと言える。ドヴォルザークのピアノ協奏曲は、本演奏を持ってしても必ずしも鑑賞をおすすめするほどの魅力的な楽曲であるとは言い難いが、それでも一度聴いてみたいという方には、本演奏、そしてHQCD盤をおすすめしておきたいと考える。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

5

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品