ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD

ドヴォルザーク:交響曲第7番、スメタナ:モルダウ、『売られた花嫁』より レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC2014
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドヴォルザーク:交響曲第7番、スメタナ:モルダウ
レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル


バーンスタイン唯一の録音となったドヴォルザークの「第7」、日本初発売。
バーンスタインとニューヨーク・フィルのコンビは長い間、精力的な活動を行ってきただけあって、広大なレパートリーを録音しています。ここに収められたスメタナの作品はすでに様々な組み合わせで発売されていましたが、ドヴォルザークの交響曲に関しては、日本ではこれまで第9番『新世界より』のみが出ていただけであり、交響曲第7番は今回が待望の国内盤初発売(バーンスタイン唯一の録音)。ドヴォルザークの交響曲の中でも最もブラームス的とされる特質を見事に表出した名演。(メーカー資料より)

【収録情報】
1. ドヴォルザーク:交響曲第7番ニ短調 op.70
2. スメタナ:歌劇『売られた花嫁』序曲
3. スメタナ:歌劇『売られた花嫁』〜ポルカ
4. スメタナ:歌劇『売られた花嫁』〜フリアント
5. スメタナ:歌劇『売られた花嫁』〜道化師の踊り
6. スメタナ:交響詩『モルダウ』(連作交響詩『わが祖国』より)

 ニューヨーク・フィルハーモニック
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音時期:1963年1月28日(1,2)、1965年2月1日(3-5)、1964年11月23日(6)
 録音場所:ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール(1,2) マンハッタン・センター
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【ソニー・クラシカル名盤コレクション1000】
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ!カザルスから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で2回に分けてリリースするシリーズが2016年も登場。(メーカー資料より)

内容詳細

バーンスタイン&ニューヨーク・フィルの黄金期というべき1960年代半ばの録音。作品の面白さを最大限に聴かせようとするバーンスタインらしい演奏。ドラマティックで情熱的なだけでなく、歌にスケールの大きさがあり、音色も深く、バーンスタインの後の円熟を予感させる。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ドヴォルザークの第7番はバーンスタインと...

投稿日:2017/04/10 (月)

ドヴォルザークの第7番はバーンスタインとしては珍しい演目ですが、ゆったりと叙情的に演奏しており、じっくり味わえます。スメタナは情熱的でバースタインらしい演奏でした。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品