CD 輸入盤

ドヴォルザーク:交響曲第8番、ドビュッシー:海、牧神の午後への前奏曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(1966年岡山ステレオ・ライヴ)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC2185
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


美しさに酔いしれるカラヤン&ベルリン・フィルのドヴォ8とドビュッシー

カラヤンとベルリン・フィルは1966年4月24日に岡山で演奏会を行ないましたが、実業家の大倉總一郎氏の強い希望で実現したとされます。当日の演目は得意としたドヴォルザークの交響曲第8番と、ベルリン・フィルの精妙なアンサンブルが神業的なドビュッシー。ドヴォルザークは変幻自在で、第3楽章の語り口の巧さは絶品。誰もが引きこまれてしまいます。
 古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。(販売元情報)

【収録情報】
● ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88
● ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
● ドビュッシー:交響詩『海』


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1966年4月24日
 録音場所:岡山市民会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 国内プレス
 日本語帯・解説付

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
個人的な意見なのですが、カラヤンのライブ...

投稿日:2019/07/02 (火)

個人的な意見なのですが、カラヤンのライブ音源を含めた私の中のベストは1973年の日本公演です。当時はゴールウェイ氏がフルートのソロで、その演奏は時として、フルート協奏曲のごとく、しかしカラヤンのこの第8番への解釈がオケに浸透した感があり、いちばんカラヤンらしい、という感じです。次は、1974年のザルツブルクでのウィーン・フイルとのライブ。これもすごく良かった。この1966年のライブですが、もちろんすばらしい演奏ですが、まだドイツ的な?ローカル色の感じる演奏で、但し、1979年のEMI録音や、1985年のDG録音よりは聴いていて楽しいです。後年のカラヤンの特に3楽章のテンポが速すぎて好きではありませんが、この3楽章のテンポは個人的に好ましいです。

クラシックファン さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この公演のCDは、素晴らしい録音で残って...

投稿日:2019/06/24 (月)

この公演のCDは、素晴らしい録音で残っています。一音一音がはっきりと聞き取れます。66年当時のカラヤン&ベルリン・フィルの音色が聴けるものです。 66年頃、ドヴォルザークの交響曲第8番は、新世界と比べるとそんなにコンサートで取り上げられるのが少ない曲目ででした。それで、演奏順が最初になっているのですが、この1曲でコンサートは、終わりでもいいと思うくらいの満足感を持ちました。以前、私は、73年のカラヤン&ベルリン・フィルでのドヴォルザークの交響曲第8番を愛聴してました。(73年はライブで聴いております) 73年と比べると流麗さという面で劣りますが、その反面、力強さでは勝っております。何と言ってもカラヤン&ベルリン・フィルのライブでないと味わえないのが、第3楽章の入り方です。実に美しい!このような演奏をしてくれるのは、カラヤンだけです。

miekuro さん | 三重県 | 不明

0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品