ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲、ロマンス、スーク:幻想曲 テツラフ、ストゥールゴールズ&ヘルシンキ・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODE1279
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲、スーク:幻想曲
テツラフ、ストゥールゴールズ&ヘルシンキ・フィル


名手クリスティアン・テツラフのONDINEレーベルへの7枚目となるこのアルバムは、東欧の2人の作曲家の作品集です。メインとなるのはドヴォルザークの協奏曲。冒頭の印象的な旋律が特徴的なこの作品ですが、ヴァイオリン・パートの熱い旋律は聴きもの。第2楽章の訴えかけるような切なさ、舞曲である第3楽章の優美さなど、上手い演奏家の手で奏されると例えようもない魅力を放つ作品なのです。ヨゼフ・スーク[1874-1935]の幻想曲は、まさに「スラヴ舞曲」そのもののフレーズが様々な形で展開されていく緊迫感に満ちた作品で、変幻自在な楽想に驚かされるのではないでしょうか。最後に置かれたドヴォルザークの『ロマンス』はもともと弦楽四重奏曲第5番の第2楽章で、憂鬱でやるせない雰囲気がなんとも美しい作品です。
 テツラフとストゥールゴールズはこれらの作品の東欧的情緒を余すことなく汲み上げ、見事な絵画のように目の前にみせてくれるのです。(ONDINE)

【収録情報】
● スーク:幻想曲ト短調 Op.24
● ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.53
● ドヴォルザーク:ロマンス ヘ短調 Op.11

 クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
 ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団
 ヨン・ストゥールゴールズ(指揮)

 録音時期:2015年9月29日〜10月2日
 録音場所:フィンランド、ヘルシンキ・ミュージック・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品