ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、ヤナーチェク:シンフォニエッタ、チャイコフスキー:ロメオとジュリエット フルニエ、クーベリック&ウィーン・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4800955
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フルニエのドヴォルザーク
クーベリックとの2度目のセッション録音


だいぶ以前に廃盤になって入手できなかったウィーン・フィルとのセッション録音が嬉しい復活。
 フルニエはクーベリック指揮フィルハーモニア管弦楽団とEMIに1948年にセッション録音していたので、この録音は6年という短期間での再録音ということになります。
 もっともこの8年後にはセル指揮ベルリン・フィルとDGにステレオで再録音しているので、フルニエは結局14年の間に3回もこの作品のセッション録音をおこなったということになります。
 今回登場するウィーン・フィル盤は、オーケストラに昔の濃厚な音色が残っていた時代の録音ということで、かなり独特な味わいを持っています。音質もモノラルながらデッカのFFRR録音で聴きやすい水準です。
 なお、フルニエにはこれらセッション録音に加え、ライヴや放送録音も数多く残しているので、CD化されたものを以下にまとめておきます。
 1945 チェリビダッケ&LPO
 1948 クーベリック&PO
 1954 クーベリック&VPO
 1956 S=イッセルシュテット&北ドイツ放送響
 1959 セバスチャン&チェコ・フィル(廃盤)
 1962 シェルヘン&ルガーノ放送管(廃盤)
 1962 セル&BPO
 1962 セル&ケルン放送響
 1973 デイヴィス&BBC響
 1976 チェリビダッケ&フランス国立管(廃盤)

 組み合わせのヤナーチェクの『シンフォニエッタ』と、チャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』も同時期の録音ということでウィーン・フィルの濃厚な音がおもしろい聴きものとなっています。

【収録情報】
・ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調Op.104
・ヤナーチェク:シンフォニエッタ
・チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
 ピエール・フルニエ(チェロ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ラファエル・クーベリック

 録音時期:1954年7月(ドヴォルザーク)、1955年3月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:モノラル(セッション)
 Recording producers: Victor Olof (Dvorak); Peter Andry, Victor Olof (Janacek, Tchaikovsky)
 Recording engineer: Cyril Windebank

収録曲   

  • 01. Cello Concerto in B Minor, Op. 104 - I Allegro
  • 02. II Adagio Ma Non Troppo
  • 03. Berlacca - (Studio)
  • 04. Sinfonietta - I Allegretto Allegro Maestoso
  • 05. II Andante Allegretto Maestoso Tempo I Allegretto
  • 06. III Moderato Con Moto Prestissimo Tempo I Moderato
  • 07. IV Allegretto Adagio Presto Andante Presto Prestissimo
  • 08. V Andante Con Moto Maestoso Tempo I Allegretto Allegro Maestoso - Adagio
  • 09. Romeo and Juliet Fantasy Overture

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
このドヴォルザークのモノラル盤のCDはしば...

投稿日:2009/10/16 (金)

このドヴォルザークのモノラル盤のCDはしばらく廃盤だったので、ファンには朗報だ。この音源は、以前国内盤CDで買い、古LPも持っているので個人的にはおなじみのものなのだが、ヤナーチェク目当てで買ったこのCDなのに、ついついドヴォルザークを聴いてしまう。若々しくしなやかなフルニエのチェロの歌と響き、そしてヴィヴィッドで美しいクーべリックとWPに惚れ惚れする。セルの厳しいバックもいいし、若いチェリとの丁々発止も面白く、フルニエのこの曲の録音は様々あるが、この演奏の気品はなんとも捨てがたい。ヤナーチェクもチャイコフスキーもすばらしい。

eroicka さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
These recordings from 1954 (Dvorak) and ...

投稿日:2009/08/31 (月)

These recordings from 1954 (Dvorak) and 1955 recorded in the Musikvereinsaal in Vienna represent an important link in the Kubelik discography. I have to admit not knowing these performances at all and I thank Cyrus Meher-Homje from Universal for bringing them to my attention. I recently reviewed the later recording that Kubelik made of the Sinfonietta in Munich with his Bavarian Radio Orchestra recorded in 1971, which Eloquence released, and found it to be one of the best of all. These pre-stereo recordings were made after his time in Chicago when he was making recordings with the Philharmonia in London and had a strong association with the Vienna Orchestra making many recordings with them. This version of the Sinfonietta is quite riveting as Kubelik treats it with great urgency. Tempos are fast and the sound of the orchestra is at times quite raw, not inappropriately as the work was written for the Czech armed forces and the opening and closing fanfares are scored for twelve trumpets. The Vienna orchestra is not the right orchestra for this music as I thought when Mackerras recorded it with them for Decca, they never sound Czech, however, this is a very exciting and urgent version of this very original work. The glorious cello concerto is probably the greatest in the repertoire, although the Elgar comes close. Fournier recorded again in stereo a bit later and gives a powerful and impassioned performance with close support from Kubelik. Many of the big orchestral moments are not so clear in the older sound and once again the Vienna Philharmonic do not sound Czech at all, but they never did, or do today. You probably have a recording of it, but at the price, this is a good one to hear and have as an alternative. It was Claudio Abbado who said this orchestra couldn’t play Tchaikovsky because their bowing arm was too long and the same thing applies to them playing Czech music. It hasn’t stopped them from recording a lot of Tchaikovsky under Maazel, Karajan and recently Gergiev. However, this is a very good and exciting Romeo and Juliet with plenty of fine string playing. It is not over-romanticised and that is a good thing.

Aussie John さん | AUSTRALIA | 不明

2
★
★
★
★
☆
最初は日キングLP、次に英デッカオリジナ...

投稿日:2009/06/28 (日)

最初は日キングLP、次に英デッカオリジナルLXT、そして日CDで聴いてきた。外盤CDで聴きたいと思っていたところ、今回オーストラリア盤で聴ける。本音は欧州盤が欲しいのだが、ガマンするか。フルニエはライヴも含め10CDほどあるが、このウィーンフィルとのスタジオ録音のものが1番好きだ。音も実にいいし、オケがすばらしい。モノだが臨場感もたっぷりある。ヂュプレ、バレンボイム盤のセカンドチョイスとして推薦。シカゴ響よりこのウィーンフィルの方がはるかにうまい。因みにLPの英デッカオリジナルなら3万ー4万円だが、あのLP特有のサーフィス音はもういい。CDで十分。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品