CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲第8番、管楽セレナーデ クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団(1976,77)

ドヴォルザーク(1841-1904)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
ORFEOR595031
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
ドヴォルザーク:管楽セレナーデイ短調作品44
ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団
交響曲は1976年5月17日、エアランゲン・シュタートハレでのステレオ・ライヴ録音、セレナーデは1977年5月27日、ミュンヘン、ヘルクレスザールでのステレオ・ライヴ録音。
この8番はかつて海賊盤などでもリリースされていた強烈演奏で、マニア筋から高い評価を受けていましたが、今回は正規盤での登場、しかも機材を入れ替えてのリマスタリングが功を奏して音質的には以前の海賊盤とは比較にならない快適さです。
 演奏は、冒頭チェロから濃厚な感情移入の聴かれるテンションの高いもので、民族的な旋律がふんだんに投入された作品のイメージにふさわしい仕上がりが絶品です。音質良好。ヴァイオリン両翼型の楽器配置です。

収録曲   

Serenade Fur Holzblansinstrumente, Violoncello Und Kontrabass D-Moll Op.44

  • 01. Moderato Quasi Marcia
  • 02. Menuetto, Tempo Di Menuetto-Trio.Presto
  • 03. Andante Con Moto
  • 04. Finale. Allegro Molto

Symphonie No.8 G-Dur Op.88

  • 05. Allegro Con Brio
  • 06. Adagio
  • 07. Allegretto Grazioso
  • 08. Allegro Ma Non Troppo

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
BRSOのしなやかで抒情性すら感じさせる弦楽...

投稿日:2012/05/23 (水)

BRSOのしなやかで抒情性すら感じさせる弦楽パートは魅力的。しかしながら、金管・木管パートとクーベリック自身が好調とは言いかねると思う。 金管(トランペットとホルン)のライブとしてのミスがあるのはやむを得ないがBRSOらしからぬ気がする。全体の一体感と緊張感に欠けると感じる。この曲は完璧な一体感が必要な曲である。続けて、1963年のジュリーニ/POのライブを聞いてみた。まったくタイプが異なるがはるかにいいと感じた。この演奏については残念な仕上がりと言えよう。

音楽人 さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
こういう演奏好きです。まるでピアノを弾く...

投稿日:2004/10/27 (水)

こういう演奏好きです。まるでピアノを弾くように自在にオーケストラをドライブしてるではありませんか。管楽器が強調された録音もむしろ好み。

アントン・ミントン さん | 横浜市瀬谷区 | 不明

0
★
★
★
★
☆
Karajan日本公演でドボ8の虜となり、同匠/B...

投稿日:2003/08/16 (土)

Karajan日本公演でドボ8の虜となり、同匠/BPO(EMI)とKubelik/BPO(’66)を愛聴。だが最近Silvestriと遭遇、破天荒な鬼才の爆芸に完璧に狂ッた!そして期待の本盤は...乾坤一擲の終楽章フィナーレ以外は魅力欠乏。巨匠芸的溜め、崩落的rubato、躊躇的ritは野暮、倦怠、老いを感じ、3楽章は醜悪(Silvestri3楽章は特に絶品!)。ドボ8の魅力は若々しく萌え上るボヘミアの初夏の爽快な薫り、彩り、歓喜の筈だが...希少価値の管セレは弦セレ同様推薦だが、弾む生命感が更に欲しい。

風雷暴 さん | 横浜 | 不明

1

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品