SACD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲第9番『新世界より』、スラヴ舞曲集より アンドレス・オロスコ=エストラーダ&ヒューストン交響楽団

ドヴォルザーク(1841-1904)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付 (但し、状態不良),SACD(ハイブリッド),スリップケース付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
PTC5186574
レーベル
Holland
フォーマット
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


ついに『新世界より』を録音!
オロスコ=エストラーダ&ヒューストン響による
ドヴォルザーク第3弾!


SACDハイブリッド盤。1977年、コロンビアのメデジン生まれの俊英指揮者アンドレス・オロスコ=エストラーダ。PENTATONEレーベルより積極的なリリースが続いておりますが、現在音楽監督をつとめるヒューストン交響楽団と本拠地ジョーンズ・ホールで収録したドヴォルザークの第3弾が早くも登場。曲目は、交響曲第9番『新世界より』とスラヴ舞曲から2篇です。
 オロスコ=エストラーダは1997年からウィーン国立音楽大学で指揮を学び、2004年ウィーン楽友協会にて急遽ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団を指揮し一躍注目を集めました。その後の活躍は華々しく、2009年から2015年まで同管弦楽団の首席指揮者を、また2014年からhr交響楽団の首席指揮者の一方、現在はヒューストン交響楽団の音楽監督をつとめております。さらに2015/16年シーズンからロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に就任する、世界の音楽界から注目を集めている俊英指揮者です。溌剌とした演奏で聴衆を沸かせるオロスコ=エストラーダですが、ヒューストン響とのドヴォルザークも情熱的かつ見通しのよい演奏を披露しております。ドヴォルザーク第1弾(交響曲第7&8番)、第2弾(交響曲第6番)とあわせてお楽しみください。(輸入元情報)

【収録情報】
ドヴォルザーク:
1. 交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』 (I. 12:57/ II. 12:27/ III. 7:54/ IV. 12:17)
2. スラヴ舞曲集第1集より第3番変イ長調 Op.46-3 (4:55)
3. スラヴ舞曲集第1集より第5番イ長調 Op.46-5 (3:26)


 ヒューストン交響楽団
 アンドレス・オロスコ=エストラーダ(指揮)

 録音時期:2016年5月(1)、2015年9月(2,3)
 録音場所:ヒューストン、ジョーンズ・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品