ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲第9番『新世界より』 ワルター&コロンビア交響楽団(平林直哉復刻)

ドヴォルザーク(1841-1904)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
GS2052
レーベル
International
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ワルター唯一の2トラック・オープンリールより復刻!
かつてないほどの圧倒的な情報量!


【制作者より】
ステレオ初期時代、ワルターのオープンリールテープはある程度のカタログが揃っていましたが、それらはほとんどすべては普及型の4トラック、19センチのものでした。その中でこの『新世界より』は唯一のセミ・プロ仕様の2トラック、19センチで、まれにオークション等に出ると争奪戦になる希少品です。しかし、希少性もさることながら、より安定感のある2トラック・テープの音は格別で、その情報量の豊かさは破格です。この『新世界より』はワルターのステレオ録音の中でも地味な存在ですが、この音で聴けば評価が大きく変わることが予想されます。とにかく、一度耳にして欲しいものです。(平林直哉)

【解説書の内容】
ワルター存命当時に書かれた文献で、ステレオ・セッションの模様を伝える部分を邦訳して掲載します。たいへんに貴重な資料です。
制作上の都合により原則として初回完全限定プレスとなります。

【収録情報】
・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95『新世界より』
 コロンビア交響楽団
 ブルーノ・ワルター(指揮)

 録音時期:1959年2月14日、16日、20日
 録音場所:カリフォルニア、アメリカン・リージュン・ホール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 使用音源: Columbia (U.S.A.) LMB 59 (オープンリールテープ/2トラック、19センチ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
滋味深く温かなワルターの《新世界》を、最高の...

投稿日:2011/09/21 (水)

滋味深く温かなワルターの《新世界》を、最高の音質で聴く悦び!ステレオ黎明期、CBSに残されたワルター最晩年の貴重な遺産の数々は、何れも音楽の使者たる巨匠の至芸を今に伝えるものとして評価が高いのは衆目の一致するところであるが、一方、復刻CDに関しては賛否両論あることも事実だ。例えばSBM盤では音が痩せてしまっているし、DSD盤では金属的な高音が耳障りである。何れもオリジナル・マスターから復刻されているにも拘わらず、どうも満足いく音にはなっていなかった。そこへ来て平林直哉復刻盤の登場である。原理的にはオリジナル・マスターに太刀打ち出来る訳がないオープンリールからの復刻であるが、さすが盤鬼、圧倒的な情報量とリアリティを持つ盤に仕上げてしまった!勿論、原盤に起因するヒスノイズは割と大きい。しかし、それを敢えてリダクションせず残したからこそ、高音域の伸びがどこまでも自然で、柔らかな音になっているのだ。いや、単に音が良いだけではなく、会場の空気感、更にはワルターその人の体温すら感じるほどのものである。弓をさっと走らせる音、床が共鳴する音、楽譜をめくる音、足を踏み鳴らす音までも聴こえてくる。最近の録音は、こうした要素を尽くノイズとして切り捨て、複数のセッションで録られた音を一律に均すためイコライジングを施し、そのくせ、おおよそライヴとは言えないほど切り貼りだらけなのにご丁寧に拍手まで付けてライヴと銘打つような陳腐なものが余りにも多い。復刻に関しても、おおよそ悪趣味としかいえないほどのイコライジングや、テープヒスは悪だと言わんばかりのノイズ除去に彩られた盤が跋扈している。そうやって消費者を欺く一方でCDが売れないと歎き、何十枚も束にして激安廉価で叩き売る行為に走る。ステレオ黎明期の技術者達は、半世紀後の世の中がこうなることを望んでいただろうか。いや、彼等の目的は、巨匠達の名演を、当時持てる技術を総動員して世に広める、ただその一点に尽きていたはずだ。だからこそ、現在聴いても聴き劣りするどころかむしろ新鮮であり、何より自然な音作りがいつまでも浸っていたいと思えるのである。平林直哉氏の復刻は、そうした先人達へのオマージュともいえよう。

遊悠音詩人 さん | 埼玉県 | 不明

10
★
★
★
★
★
平林氏の仰るとおり,音の情報量,さらにそ...

投稿日:2011/02/19 (土)

平林氏の仰るとおり,音の情報量,さらにその鮮度には驚かされました。半世紀以上を経た録音とはとても思えない鮮明さに感嘆するばかりです。ジャケットのデザインも大変味わい深いもので(正直ジャケ買い),演奏内容を反映しているかのようで,すっかり最近のヘヴィロテ・ディスクとなっています。ただ,一つ気になることがあるとすれば,テープ・ヒスが比較的耳につくことが挙げられましょう。この点に目を瞑ることが出来る方には太鼓判です。

ニッパー君 さん | 茨城県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
ワルターにとってドヴォルザーク交響曲がど...

投稿日:2010/09/10 (金)

ワルターにとってドヴォルザーク交響曲がどの程度のレパートリーかなぁとかつては半分冷やかしでLPなどで聴いていましたがそれがこのコロムビアSOとの「新世界」盤でした。1959年ワルター83歳頃の最後のご奉公・・・このコンビによる一連の録音盤は少しエコーのかかった甘いハリウッド・サウンドであり更に本演奏ではなかなか音分離の良い収録だったと記憶してあります。演奏は意外と第2楽章はちょっと短め・・それだけに妙に情緒に走らず逆に若干タイムに余裕を感じさせる終楽章は爆発的エキサイトは抑えたところが(1940年ライブ演奏では凄まじさも見せたのですが)ワルターらしいバランス感覚で素晴らしい仕上げとなっています。所謂土俗的な演奏では勿論ありませんし、そうかといって単純なドイツ風ではなくあちこちで聴かれる絶妙な仕掛けで一味他の演奏とは違った雰囲気であります。結局演奏タイムは@9’33A12’13B8’17C12’21となっております。HMVレビューにも載っている1959年頃の一連録音時の貴重な資料も読みたいですね。もう以前からお馴染の素晴らしいランクの演奏でいつもの平林氏の制作姿勢が更にバリューアップされていると期待されます。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品