ドリーブ (1836-1891)

ドリーブ (1836-1891) プロフィール

ドリーブ (1836-1891) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

クレマン・フィリベール・レオ・ドリーブClement Philibert Leo Delibes, 1836年2月21日 - 1891年1月16日)は、バレエ音楽や歌劇で知られるフランス・ロマン派の作曲家である。「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれる。迫力や壮大などといった言葉とは無縁の、優美で繊細な舞台音楽を残した。

生涯

1836年、フランスの現在のサルト県に位置するサン・ジェルマン・デュ・ヴァル(Saint-Germain-du-Val)に生まれる。彼の父は郵便配達人で、彼の母親は、才能のあるアマチュア音楽家であった。彼の祖父はオペラ歌手であった。彼は、彼の父が1847年に死亡してからは、母親と叔父の手によって育てられた。1871年、35歳の折、彼はL?ontine Estelle Denainと結婚した。彼の兄弟であるMichel Delibesは、スペインに移住したが、スペインの作家ミゲル・デリーベスの祖父である。

パリ国立高等音楽・舞踊学校(パリ音楽院)でアドルフ・アダンに師事し、作曲を学ぶ。1853年には聖ピエール・ド・シャイヨ教会オルガン奏者を務める。1891年、パリで没する。

作品

バレエ音楽

  • 泉(La Source) - 1866年作曲。
    • 「ナイラ」(Nail?)とも。
      エルンスト・フォン・ドホナーニが「バレエ『ナイラ』からのバレエ」としてピアノ用に編曲している。
  • コッペリア(Copp?lia) - 1867年作曲。オペラ座で1870年5月25日初演。
    ドホナーニが「バレエ『コッペリア』からのバレエ」としてピアノ用に編曲している。
    <…

    出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%