DVD

死刑基準

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DSZD08043
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD
監督
:

商品説明

死刑制度に反対してきた弁護士は、妻を殺されてもその主張を変えないのか?親友の妻を殺したとされる容疑者を、弁護することはできるのか?我が子を殺された親は、死刑を免れた加害者をどう思うのか? 弁護士、検事、被害者がそれぞれの立場から、人が人を裁くことの難しさに苦悩する。
司法の厳しさに直面する主人公の法学部講師・水戸裕介には、WOWOW連続ドラマW「パンドラ」シリーズ出演の実力派俳優・山本耕史、妻を殺された失意の弁護士・大伴浩二郎にドラマ・映画・舞台で活躍する小澤征悦、検事・永瀬麻梨子にはWOWOW連続ドラマW「マークスの山」にも出演している戸田菜穂がそれぞれ扮し、かつての同級生たちが異なる立場に立ちながら、それぞれの職務と友情の間に生じる葛藤を繊細に表現している。また我が子を殺された過去を持つ大伴の妻殺しの容疑者・鯖江申三には、演技派俳優・柏原崇が、この事件を担当するベテラン刑事・對馬久作には名優・柄本明が扮する他、実力派キャスト陣が共演。また、監督にはWOWOW連続ドラマW「下町ロケット」「マークスの山」でメガホンをとった水谷俊之。死刑裁判をめぐり繰り広げられる衝撃の社会派サスペンス。

内容詳細

司法試験に合格しながらも、弁護士にはならなかった法学部講師・水戸裕介(山本耕史)、死刑廃止を主張する有名弁護士・大伴浩二郎(小澤征悦)、検事の永瀬麻梨子(戸田菜穂)。3人は共に司法を学び、それぞれ死刑に対する考えを持っていた。ある日、大伴の妻が何者かに殺害される。容疑者として逮捕されたのは、大伴が担当した裁判に恨みを持つ鯖江申三(柏原崇)だった。大伴は、今までの主張をくつがえし鯖江に対し死刑を求める。このことをきっかけに、水戸は弁護士になり司法の場に立つことを決意する。しかし、水戸が最初に弁護を担当することになったのは、親友である大伴の妻を殺したとされる鯖江だった。

【映像特典】
■TVスポット集(予定)

死刑廃止派弁護士の妻が殺された。親友の窮地に、法学部講師の水戸は弁護士となって司法の場に立とうとするが、その事件の容疑者を弁護することになり……。人を裁くことの難しさを描いた山本耕史主演のサスペンス。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

国内TV に関連する商品情報

おすすめの商品