ドビュッシー(1862-1918)

人物・団体ページへ

CD

La Mer, Prelude A L'apres-midid'un Faune, Images: Boulez / Cleveland.o

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCG50034
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

まばゆい光と色彩が交錯する情景が目に浮かぶようなドビュッシーの作品。このブーレーズの演奏は非常に知的な響きだ。緻密な絵画のように計算し尽くされ、丹念に描かれたブーレーズのドビュッシーは、クリアな響きと生き生きとした躍動感に満ちている。(浩)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
SHM−CDの効果を検証すべく購入。一番...

投稿日:2019/09/07 (土)

SHM−CDの効果を検証すべく購入。一番最初にリリースされた輸入盤(439896、4357662)と比較しました。 海と夜想曲は、このCDで寒色系寄りの音に変化。元々暖色に寄りがちな少しもこもこした音だったので、よい意味で普通の音色になったかもしれない。ここは完全に好みだと思う。どちらが良いか選ぶのは難しい。 牧神とイベリアは、解像度が増した印象。すっきりと聴きやすい音質に変化。こちらの二曲の方がSHM化による変化は大きい。

うさ二郎 さん | 長野県 | 不明

1
★
★
★
★
★
「ブーレーズはつめたい」そんなイメージだ...

投稿日:2012/04/05 (木)

「ブーレーズはつめたい」そんなイメージだけが先行している彼ですが、 比較的最近のブーレーズにそのような面はあまり感じられない。 もともと頭でっかちの武装主義だったのかもしれませんが、 今の彼はちゃんと「音楽」している。 それも、他の誰にも成し得ない抜群のコントロールと見事なリズム感を伴って。 ノリのいい演奏というのには二通りあると思う。 演奏者がパワフルにドンドン推し進めるタイプと、 幅広いドュナーミクと的確な拍による湧き上がる盛り上がりとだ。 ブーレーズは後者のタイプの現代史上最高のコンダクターであろう。 派手で生々しい感情的な音楽ではなく、 余計な味付けを省いて音楽の骨の髄まで味あわせてくれる素材の天然の魅力を引き出すスペシャリストだ。 ドビュッシーにしろラヴェルにしろ、フランス近代音楽というものはそういった自然食品のような魅力こそが醍醐味であって、「印象派」などと呼ばれ勘違いされているが、なぜかキラキラ派手でごちゃごちゃしたもののように扱われるべきではないと思う。 ごちゃごちゃに彩られたサラダを、野菜一つ一つの味までしっかり堪能出来るような、そういった魅力の伝え方をして欲しい。 そういう意味で、ブーレーズの奏でるフランス音楽というのは本当に最高の表現の形だと思う。 リリカルな面、きらびやかな面、激しい面、冷たい面、それらを一つづつを強調するのではなく、すべてを一つにまとめてこの全体の響きが出来上がるのです。 そして聴いてみてくださいな。このノリの良さと歌心を。 朗々と華やかに感情的に歌うだけが「魅力」ではないとはっきり感じていただけると信じております。

あんぱん さん | 京都府 | 不明

4
★
★
★
★
★
ブーレーズによるドビュッシーの管弦楽曲集...

投稿日:2011/06/09 (木)

ブーレーズによるドビュッシーの管弦楽曲集と言えば、1960年代後半にクリーヴランド交響楽団やニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮した名演(1966〜1968年)がいの一番に思い浮かぶ。それは、各管弦楽曲の細部に至るまで彫琢の限りを尽くすとともに、一切の主観や情感を拝した前衛的とも言える斬新な演奏であった。本盤におさめられた演奏は、それから20年以上の期間を経て行われた録音であるが、ブーレーズは随分と丸くなったというのが第一印象だ。これは、ドビュッシーに限らずに、他の作曲家の楽曲における演奏についても言えることであり、1990年代に入ってDGに行った録音にはすっかりと好々爺となったブーレーズによる円熟の演奏を聴くことが可能である。もっとも、そこは腐ってもブーレーズであり、何も万人受けをするような通俗的な演奏をするようになったわけではない。むしろ、スコアリーディングについては深化したと言えるところであり、徹底したスコアの読み込みによって、楽想をあたかもレントゲンで撮影するかのように、楽想を精緻に描き出していくというアプローチ自体には何ら変わりがないところだ。もっとも、かつては一切を拝していた情感の豊かさが付加されたところであり、これがブーレーズの近年の演奏の円熟ぶりであり、はたまた魅力の一つであると言えるだろう。本演奏においても、ブーレーズは徹底したスコアリーディングに基づいて楽想を精緻に描き出しているが、情感の豊かさにおいてもいささかも不足はなく、いい意味での剛柔バランスのとれた名演に仕上がっている点を高く評価したい。なお、とある影響力のある高名な音楽評論家が本盤を徹底的にこき下ろしているが、かかる罵詈雑言に右顧左眄することなく、信用できるのは自分の耳だけであるということを肝に銘じておきたいものだ。録音は従来盤でも十分に満足できる音質を誇っていたが、今般のSHM−CD化によって音質がより鮮明になるとともに、音場が幅広くなったと言える。ブーレーズによる円熟の名演を、SHM−CDによる鮮明な高音質で味わうことができるのを大いに歓迎したい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

4

ドビュッシー(1862-1918)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品