ドビュッシー(1862-1918)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

前奏曲集第1巻、第2巻、映像第1集、第2集、ほか カサール(2CD)

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
472335
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Preludes, 1er Livre : Danseuses De Delphes
  • 02. Preludes, 1er Livre : Voiles
  • 03. Preludes, 1er Livre : Le Vent Dans La Plaine
  • 04. Preludes, 1er Livre : Les Sons & Les Parfums Tournent Dans L'air Du Soir
  • 05. Preludes, 1er Livre : Les Collines D'anacapri
  • 06. Preludes, 1er Livre : Des Pas Sur La Neige
  • 07. Preludes, 1er Livre : Ce Qu'a Vu Le Vent D'ouest
  • 08. Preludes, 1er Livre : La Fille Au Cheveux De Lin
  • 09. Preludes, 1er Livre : Serenade Interrompue
  • 10. Preludes, 1er Livre : La Cathedrale Engloutie
  • 11. Preludes, 1er Livre : La Danse De Puck
  • 12. Preludes, 1er Livre : Minstrels
  • 13. Estampes : Pagodes
  • 14. Estampes : La Soiree Dans Grenade
  • 15. Estampes : Jardins Sous La Pluie
  • 16. Images Oubliees : Lent, Douloureux & Melancolique
  • 17. Images Oubliees : Souvenirs Du Louvre
  • 18. Images Oubliees : Quelques Aspects De...
  • 19. D'un Cahier D'esquisses
  • 20. Masques

ディスク   2

  • 01. Preludes, 2eme Livre : Brouillards
  • 02. Preludes, 2eme Livre : Feuilles Mortes
  • 03. Preludes, 2eme Livre : La Puerta Del Vino
  • 04. Preludes, 2eme Livre : Les Fees Sont D'exquises Danseuses
  • 05. Preludes, 2eme Livre : Bruyeres
  • 06. Preludes, 2eme Livre : General Lavine Excentric
  • 07. Preludes, 2eme Livre : La Terrasse Des Audiences Du Clair De Lune
  • 08. Preludes, 2eme Livre : Ondine
  • 09. Preludes, 2eme Livre : Hommage a S. Pickwick
  • 10. Preludes, 2eme Livre : Canope
  • 11. Preludes, 2eme Livre : Les Tierces Alternees
  • 12. Preludes, 2eme Livre : Feux D'artifice
  • 13. Images, 1er Livre : Reflets Dans L'eau
  • 14. Images, 1er Livre : Hommage a Rameau
  • 15. Images, 1er Livre : Mouvement
  • 16. Images, 2eme Livre : Cloches a Travers Les Feuilles
  • 17. Images, 2eme Livre : Et La Lune Dscend Sur Le Temple Qui Fut
  • 18. Images, 2eme Livre : Poissons D'or
  • 19. L'isle Joyeuse

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ツィメルマンがやると、強弱の変化が大きす...

投稿日:2015/03/09 (月)

ツィメルマンがやると、強弱の変化が大きすぎたりテンポが遅すぎたりして凭れる上、どの曲も似たり寄ったりに聞こえてしまいますが、カサールは弱音主体でタッチも軽やか、重厚さとは無縁の美しいドビュッシーを聞かせてくれます。ドビュッシー自体、それほど好きな作曲家ではないですが、これは素晴らしい!こういう演奏ができるピアニスト、意外と少ないのでは?Zimerman’s performances are too heavy. His tempi are apt to late, and his dynamics are sometimes artificial. In contrast to Zimerman, Cassard’s performances are faster, lighter, and more exquisite!

のろま さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
私はスタインウェイのフルコンDが好きでは...

投稿日:2006/03/12 (日)

私はスタインウェイのフルコンDが好きではない。よく響くが、過剰に美麗で、ピアノに要求される音の均質性やハーモニーのバランスが、大音量と共に平坦に強調され、金属音的低音・高温とも疑問だ(Bのほうが良い)。この録音は抜群だ。ピアノが本来持っているバランスの良さに心が奪われる。翳りを帯びた豊かなハーモニーも全く素晴らしい。大ホールでのピアノコンサートでは失われてしまったピアノの美質が聴ける。音楽は「音」が何よりも大切だが、それを痛感する。それが分かる人なら、まず筆頭で推薦なされるだろう。演奏自体も抜群に良い。

ひのき饅頭 さん | 愛媛県 | 不明

1
★
★
★
★
★
カッサールのピアノは、まさに巴里の匂い。...

投稿日:2004/03/06 (土)

カッサールのピアノは、まさに巴里の匂い。ミケランジェリもギーゼキングもかなわない。モンマルトルを散歩するような最高のドビュッシー。あなたも聞けば納得するはず。

805 さん | 東京 | 不明

1

ドビュッシー(1862-1918)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品