ドビュッシー、ラヴェル

人物・団体ページへ

CD

String Quartets: Juilliard Sq (1970)

ドビュッシー、ラヴェル

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCR1811
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドビュッシー:弦楽四重奏曲ト短調、ラヴェル:弦楽四重奏曲ヘ長調
ジュリアードSQ
1970年12月ステレオ録音。精緻なアンサンブルにより、作品のフォルムの美しさをも十分に引き出した見事な演奏。

内容詳細

クリスタルなタッチの鋭利な感覚で楽譜の隅々が照らし出されていく。ジュリアード四重奏団全盛期の快演である。緊密なアンサンブルを駆使して、作品の古典的な側面を描き出したラヴェルなど、フランスのグループとは一線を画する精緻な響きが忘れ難い。(彦)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 弦楽四重奏曲ト短調
  • 02. 弦楽四重奏曲ヘ長調

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このRCA盤は入手不可能だそうで、手に入る...

投稿日:2017/08/14 (月)

このRCA盤は入手不可能だそうで、手に入るのはターラ盤のみらしい。けれど私のもっているのはRCA盤の方で、ターラは未聴。ターラのは一般的にデッカ盤とかでもかなり落ちついた音になって印象が違うので、こちらに書込みます。短期移籍のRCA盤はベルクの叙情組曲を筆頭に尖鋭な録音と演奏で知られていました。その後復帰したCBS盤はどうも音が堅くてキンキンしがちなので、RCAへの録音がつづいたらという憾みは残ります。ただ短期の録音といっても、少なくとも手持ちの盤でいう限り、多少の差異はあって、この盤はCBS盤よりは随分いいとしても多少キンキンしなくはありません。そのせいもあってか、演奏も尖鋭だけれど、少し強過ぎの感も若干否定できない。ターラ版がそうなのかもしれないけれども、リマスターでかなり違う印象になる可能性はあります。☆盤分くらいは引きたい感じがしますが、でもやはり5つかな?

mari夫 さん | 東京都 | 不明

0

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品