ドニゼッティ(1797-1848)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

歌劇『世襲貴族』全曲 マーク・エルダー&ブリテン・シンフォニア、アルビナ・シャギムラトヴァ、ルネ・バルベラ、他(2019 ステレオ)(2CD)

ドニゼッティ(1797-1848)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9293800602
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


「Opera Rara」設立50周年記念録音。ドニゼッティの問題作『世襲貴族』

このドニゼッティの歌劇『世襲貴族』は彼の13番目のオペラであり、ナポリのサン・カルロ王立劇場の音楽監督として初の作品でした。世襲貴族というのはインドのヒンドゥー教のカースト制度でカーストにすら入れられない最下層民ダリットのことで、現代に至るまで非常に過酷な差別に遭っています。これを取材したフランスの作家カシミール・ドラヴィーニュによる悲劇的戯曲「ル・パリア」(1821年)とドメニコ・ジャルドーニの台本に基づいて書かれたオペラで、宗教的不寛容(バラモンとパリアとして知られる望ましくないカーストの衝突)を扱ったものです。この作品の上演することはドニゼッティのキャリアの中で最も重要な出来事で、サン・カルロでのロイヤル・ガラ・ナイトでの初演は、彼が特別な注意を払ったオペラでした。しかしこの公演では「国王が称賛するまで誰も称賛することは許されない」という独自の問題のため成功を果たすことはできませんでした。しかしドニゼッティはこの作品を誇りに思い、その後の彼の歌劇『トルクァート・タッソー』『愛の妙薬』『アルバ公爵』などの多くのオペラに転用しています。
 「Opera Rara」は、19世紀から20世紀初頭の失われたオペラの遺産を再発見、復元、記録、実行するための財団として設立され、2020年にちょうど50年をむかえます。無視されたオペラの傑作を探しだし、現代の観客が楽しむために生き返らせ、そして最高の歌手、指揮者、オーケストラ、音楽学者と協力して、オペラ界の最先端としてレパートリーの拡大を先導し、他のオペラ関係者・愛好家への新しい未知のオペラの宝石を探求するよう奨励しています。2018年のロッシーニ:『セミラーミデ』完全版、2019年のドニゼッティ:『ニシダの天使』、プッチーニ:『レ・ウィリス』は世界的に高い評価で多くの賞を受賞。特にドニゼッティについてはこれまで数多くの作品を上演・録音を行ってきています。
 この演奏は、2019年のバービカン・センターでの公演の前に、BBCのスタジオでセッション録音されたもので、2013年に英国ロイヤル・オペラでデビューして以来メト、ミラノ、ウィーンの歌劇場、そしてザルツブルク音楽祭でも絶賛のソプラノのアルビナ・シャギムラトヴァ、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの常連でもあり、2019年新国立歌劇場での『セヴィリャの理髪師』で美声とテクニックを聴かしてくれたテノールのルネ・バルベラ、その他、英国ロイヤル・オペラの常連実力歌手らが起用されており、エルダーのドニゼッティの作品を知り尽くした指揮が劇的な作品の魅力を存分に伝えています。忘れられたオペラに光を当てる「Opera Rara」レーベルらしい企画です。
 100ページ・ブックレット付き(解説、シナリオ、歌詞対訳は欧文のみ)。(輸入元情報)

【収録情報】
● ドニゼッティ:歌劇『世襲貴族』全曲


 アルビナ・シャギムラトヴァ(ソプラノ:ネアラ)
 ルネ・バルベラ(テノール:イダモーレ)
 ミーシャ・キリア(バリトン:ザレーテ)
 マルコ・ミミカ(バス・バリトン:アケバレ)
 トーマス・アトキンス(テノール:エンプサーレ)
 キャスリン・ラッジ(メゾ・ソプラノ:ザイデ)
 オペラ・ララ・コーラス
 ブリテン・シンフォニア
 マーク・エルダー(指揮)

 録音時期:2019年6月1-6日
 録音場所:ロンドン、BBC Maida Vale Studios
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ドニゼッティ(1797-1848)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品