トール・ハイエルダール

人物・団体ページへ

コン・ティキ号探検記 ちくま文庫

トール・ハイエルダール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480031693
ISBN 10 : 4480031693
フォーマット
出版社
発行年月
1996年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
358p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • NAO さん

    自分の学説を実証するために筏で太平洋を横断したノルウェーの人類学者ヘイエルダールの探検記。乗員の選定、航海のための準備と、航海だけでなく出発するまでの話もとにかく面白い。六人の乗員は、研究に専念するだけでなく、ギターを奏でたり絵を描いたり、本を76冊持ってきて全部読み終わるまでは上陸しないと決めていたりと、孤独な航海中の自分自身の対処法をしっかりと身につけ、自分以外の者がしていることに理解を示すことのできる‘大人の集団’だった。暑い夏にむけて、元気になれるわあ。

  • Ribes triste さん

    子どもの頃から好きです。古代ポリネシア人の起源は南米であるとの仮説を立証するべく、6人がいかだ船での太平洋横断する冒険記です。サバイバルのはずなんですが、読んでいて面白く、元気になります。本当にあった話なのが凄いです。

  • ArenasR さん

    久々に,子どものようにドキドキワクワクしながら読みました.こんな無謀な冒険に,一片の悲愴感,覚悟も感じさせることなく飄々と立ち向かう精神に,驚きそしてあきれます.が,こういう愛すべき冒険野郎どものおかげで,人間にとっての世界は広がってきたんですね.そして私にも,けして自力では見ることのできない,驚くべき様々な海の姿を教えてくれました.読んでよかった! あと,無線をちょっとやりたくなったりもする...

  • ホレイシア さん

    これを読んでいたから、中学1年の課題に「ビーグル号航海記」が出ても楽勝だと思ったんだよね。とんでもなかった。

  • Junya Akiba さん

    「コン・ティキ号」、名前は聞いたことあるけどよく知らなかったので読んでみた。ポリネシアへの人類伝搬のルートを探るべく、自身が5人の仲間と筏を作成し、南米ペルーから貿易風にのって旅立つ。記述は詳細で、驚くほど楽観的。水と食べ物(魚)には困らず、シイラやサメとたわむれる。特に危険なサメの目の前に餌を見せておちょくりながら筏の上に誘導して尻尾を手掴みにして捕らえてしまう、といった船上でのエピソードは最高!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品