トーマス・h・ダベンポート

人物・団体ページへ

データ・アナリティクス3.0 ビッグデータ超先進企業の挑戦

トーマス・h・ダベンポート

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784822250133
ISBN 10 : 482225013X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
349p;20

内容詳細

ビッグデータと既存のデータ管理・分析環境の共存がビジネスを生む「データ・アナリティクス3.0」時代へ


表計算、データベースで管理する顧客情報や販売実績などの「構造化された」データを駆使して、経営戦略の
意思決定に役立てた――データ・アナリティクス1.0


インターネット上に書き込まれる文章や行動・購買履歴、電話の音声など、「ビッグデータ」と呼ばれる
「構造化されていない」データを新製品や新サービスの開発に役立てる――データ・アナリティクス2.0


企業の従来型データと、ネット上のビッグデータに加え、機械や設備に取り付けられたセンサーから
送られてくるデータなど、あらゆるデータを取り込んで、経営戦略、新製品/サービス開発、コスト削減に
役立てる――データ・アナリティクス3.0


「ビッグデータ」という言葉に違和感を覚えた著者ダベンポートが、大企業や新興ネット企業(スタート
アップ)の経営者、数多くのデータ・サイエンティストに直接インタビューし、企業がビッグデータを
本気で活用するために取り組む道筋を探ったのが本書である。


多くの先進企業の事例を追いながら、ビッグデータの本質は、「構造化されていない多様な」データを扱う
難しさにあることに気づき、従来型データとビッグデータを統合し、意思決定支援や新サービ開発など
新しいビジネスに活かせることに考えを深めていく。そうした段階的に思考を重ねて、行きついたひとつの
見解が「データ・アナリティクス3.0」というものである。


多数の事例を取り上げながら、データ・サイエンティストの人材不足への対応、組織のつくり方、何から
取り組めばよいか、業界ごとの戦略の立て方などを、具体的に解説する。


本書で紹介する事例
*発電システムのガスタービンに取り付けたセンサーから送られてくるデータを分析し、1%の効率アップによって、今後15年間かけて660億ドルの経費削減を目指す――GE
*携帯電話の位置情報と顧客情報を分析して、NBAバスケットボール・チーム、フェニックス・サンズに対して
試合の観戦者のうち何パーセントがフェニックスの外から来たかなどの情報提供を行っている――ベライゾン・ワイヤレス
*4万6000台以上の配送車に設置したセンサーから集めたデータを分析し、最適な配送ルートがリアルタイムで
再設定されるようにして、8500万マイルの走行距離を削減し、840万ガロンの燃料を節約した――UPS
*複数のチャネルに一度に分析できなかった顧客データを統合して、顧客像を理解と、そによる顧客セグメントの正しい整理と、セグメントごとの魅力的にプロモーションに取り組む――バンク・オブ・アメリカ
*ビッグデータの活用によって複雑なマーケティング・キャンペーンの立案を8週間から1週間に短縮した――シアーズ


[目次]
1.なぜビッグデータは重要なのか
2.ビッグデータがビジネスを変える
3.ビッグデータ戦略を構築する
4.必要とされるビッグデータ人材
5.ビッグデータのテクノロジー
6.ビッグデータで成功するには何が必要か
7.スタートアップ、ネット企業のビッグデータ活用
8.大企業のビッグデータ活用――データ・アナリティクス3.0




【著者紹介】
トーマス・H・ダベンポート : 米バブソン大学教授。経営とITをテーマに長年研究を行っており、これまでハーバード大学やシカゴ大学などで教壇に立つ一方で、マッキンゼーやアクセンチュアなどの企業で研究チームを率いた経験も持つ。2009年に国際分析研究所(IIA)を共同で創業し、リサーチ・ディレクターを務めているほか、2010年よりデロイトアナリティクスのシニアアドバイザーも務める

小林啓倫 : 経営コンサルタント。1973年東京都生まれ。システムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、2003年に米バブソン大学にてMBAを取得。現在は国内コンサルティングファームに所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 犬こ さん

    ビッグなデータを収集する基盤は整いつつあるものの、肝心のデータそのものが、処理できる以上の速さで膨張中〜。ビッグデータ解析までは大半がまだまだ未達ですが、これから目指したいことの事例が知れます。

  • トマト・デラックス さん

    初めて読んだダベンポート本。序盤は分析者にとってワクワクする内容で、まだまだ知らないこともたくさんあったことが分かった。ビッグデータに対する組織の準備度も面白かった。データベース系の言語はマストになっていくのだろう。

  • ireadertj さん

    少し前の内容だけど、データを企業に適用するための、最初に読むにはちょうどいい感じかな。 でも、実際の業務とかに適用するには、ここからより専門的なものを読む必要があるかな。

  • タニツグ さん

    ビッグデータを使うことの目的や各職種ごとの事例、スタートアップ企業と大企業の取組みがまとめられている。今回はビッグデータを使う目的やメリットを整理したく読んだが、読む目的に応じてまた違った知見を与えてくれるだろう。各企業のIT部門の人はもちろん、管理職、経営層の人も読むべき。非常に良書。

  • 夢読み さん

    アナリティクス3.0の概要は知ることができてよかったと思う。分析・活用の観点自社の活動にとってビッグデータとは何かを考えると同時に、どの様な情報をビッグデータ化するかが重要と理解した。文中では非構造化データの構造化についてしばしば言及されているが、非構造化データを構造化データで代用すると言う考えも重要であると思う。経営視点なので自分から何を働きかけるか、という事については上手く考えが回らなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品