トーマス・ベルンハルト

人物・団体ページへ

昏乱

トーマス・ベルンハルト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309208466
ISBN 10 : 4309208460
フォーマット
出版社
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272p;20

内容詳細

「世界は崩潰するような気がします。それとも自ら滅さずにいられないのは自然のほうでしょうか」峡谷の山村を往診で経めぐる医者とそれに付き従う息子、ふたりが出会う患者たちはそれぞれが暗い混沌をかかえていた―。静謐な狂気が果てしなく渦巻く暗黒の巨匠ベルンハルトの長篇。

【著者紹介】
池田信雄 : 1947年生まれ。ドイツ文学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hasegawa noboru さん

    暗い、徹底してネガティブで死の臭いする底知れぬ闇の深さを漂わせる。救いはないが、1960年代刊行時点の小説でこの救いがたさが記してあるということのみが救いだ。後半「伯爵」の章立て以降半分以上を占めて狂気の伯爵によって繰り出される改行なしの怒涛のことば、長広舌に圧倒される、ベルンハルト節炸裂。<ひとつの国民全体が」と侯爵は言った「何世紀もの間意識不明状態におかれ、その意識不明状態の中で歴史を作っているのが実状だ>大戦以後までのオーストリアをふまえての言だろうが、半世紀以上を経たどこかの国をピタリ予測する。

  • バナナフィッシュ。 さん

    外界と交流を持たずにいるとろくなことにはならないな。息子に対する誇大妄想に、周りの人間に対する誹謗中傷、挙げ句の果てには親切な聞き手にまで一言いう始末。こんな身内は嫌だと思うばかりだけれど、普通に考えて精神疾患なのだとは思う。

  • まち さん

    これも訳分からなかったなあ。繰り返しになるがベケットみたいだ、文自体は追えるベケット。後半の侯爵パートはもう語らせる意味がよく分からなくなっていた。とはいえワケがワカらんなりに、脳内の混乱をじっと味わうことに妙にハマっちゃう感覚があるんだよな…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品