トーマス・ベルンハルト

人物・団体ページへ

アムラス

トーマス・ベルンハルト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207834
ISBN 10 : 4309207839
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
263p;20

内容詳細

どうしてぼくたちは、まだ生きなければならないのか。死病にかかった母のための一家心中未遂で父母を失い、塔に幽閉された兄弟の静謐なる惨劇『アムラス』、ウィーンの街を散歩しながらエーラーは発狂した友人についてえんえんと語り続ける。軽快にして暗澹たるスラップスティック『行く』。深淵を通り、深淵のなかへつきすすむトーマス・ベルンハルトのおそるべき傑作。

【著者紹介】
初見基 : 1957年生まれ。ドイツ文学専攻。日本大学教員

飯島雄太郎 : 1987年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    ベルンハルトは2冊目。前作『凍』から、延々と続く呪詛は変わらず、鬱屈とした語りが不穏な挿話を繋いでいく。自殺相続権というパワーワードや、「ある役者」の狂気的な逸話は記憶に残る。もう一つの収録作『行く』は、過剰な反復によって破綻したテキストを生真面目に追って行くと次第に乾いた笑いが押し寄せてくるという不可思議な小説。ズボンの下りに至って一体自分は何を読んでるのかと思わず自問してしまった。他に類を見ない作品として読む価値があると思いたいが、楽しい読書だったかと聞かれると黙り込んでしまうかもしれない。

  • あさうみ さん

    ベルンハルトの作品は読んでると頭皮がぞわぞわしてくる。一寸先は闇、いや闇の真っ只中。息詰まるというか、精神と思考が閉じ込められて、ぐるぐる彷徨う。個人的に「行く」が好き。これ訳すのすごく大変だったのでは…解説までご一読あれ。あと、この題名「アムラス」の刺々しいデザインがすごくすごく素敵。まさしく心をざくざく串刺される。

  • 三柴ゆよし さん

    表題作は辛いほうのベルンハルト。自閉する語りが次第にきれぎれになり、最後には一種のアフォリズムというか断片の寄せ集めとなる。これはこれで実にベルンハルト的な様式ではあるが、読んでいて楽しいかといえば、決して。併録「行く」は表題作とは一転、おぬしら、こういうのが読みたかったんじゃろ? という感じのベルンハルトで、間接話法の極端なまでの多用、郷土嫌悪をおしすすめた先にある祖国嫌悪など、ほとんどセルフ・パロディの域に達しており、結論すれば、どちらの作もそれなりにベルンハルトを読んできた人向けだと思う。

  • borug さん

    「アムラス」は「凍」のような救いのない難しい話が続く。「行く」は難しい部分もあるがユーモラス。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品