新版 トーベ・ヤンソンのムーミン絵本 さびしがりやのクニット 講談社の翻訳絵本

トーベ・ヤンソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065149133
ISBN 10 : 4065149134
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
渡部翠 ,  
シリーズ
:
追加情報
:
31p;29

内容詳細

ひとりぼっちでおくびょうな男の子クニットが孤独に立ち向かい、大切な人と出会い幸せになるお話。
トーベ・ヤンソンが1960年に描いた2冊目のムーミン絵本は、愛と勇気の物語。美しい色彩と細やかな描線を、贅沢な多色刷りで忠実に再現した、新装改訂版。

親愛なる日本の子どもたちへ――
みなさんが、この本を、気に入って楽しんでくれますようにと、願っています。わたしの国フィンランドと、日本は、地理的には、とても遠いですね。でも、おはなしの世界は、たがいにそんなに離れてはいないし、ちがっていないと思います。さあ、とびこんでください。ようこそ、わたしの絵本の世界へ!
心をこめて――トーベ

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • めい さん

    名取佐和子さんの『金曜日の本屋さん』を読んで、手に取った絵本です。独特なペンのタッチと色使いが異国の物語に誘います。クニットの孤独を破ったものは、スクルットを守ろうとする強い気持ちでした。一人を守ろうと勇気を振り絞ることで、強くなれること。クニットの得たものは、恋ではなく愛。私もクニットのように勇気を持ちたいと思います。

  • suiu さん

    28年前の絵本よりも印刷が鮮やかになりました。 物語の素敵さは変わりません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

トーベ・ヤンソン

1914年、フィンランドのヘルシンキに生まれる。ストックホルムとパリで、絵を学ぶかたわら童話を書きため、1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が大評判となり、その後『ムーミンパパの思い出』『ムーミン谷の夏まつり』(すべて講談社)などを発表。絵本や小説、コミックスなどの著作に加え、画家としても数

プロフィール詳細へ

トーベ・ヤンソンに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品