Blu-ray Disc

【初回生産限定】トータル・リコール コレクターズBOX

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BPBH674
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
3DVD付き, 初回限定盤, ボックスコレクション
監督
:

内容詳細

118分/アメリカ/2012年/画面サイズ2.40:1/2層ディスク ※特典ディスク (1層ディスク)、ボーナスディスク(各1層)//

■音声:1.ドルビーTrueHD5.1chサラウンドオリジナル(英語) 2.ドルビーTrueHD5.1chサラウンド日本語吹替
※特典ディスク (ドルビーデジタル)/ボーナスディスク(ドルビーデジタル)
■字幕:日本語/英語

【収録特典】
[本編Blu-rayディスク]
●レン・ワイズマン監督による音声解説 ※BDのみの収録
●「トータル・リコール」の制作過程 ※BDのみの収録

[特典Blu-rayディスク](計62分)
●NGシーン
●実現可能な空想科学
●フォールのデザイン
●トータル・アクション(7種) ※BDのみの収録
●プリビジュアライゼイション(5種) ※BDのみの収録

[DVDボーナスディスク1](計21分)
「トータル・リコール」考え抜かれたアクション・シーン

[DVDボーナスディスク2](計20分)
「トータル・リコール」想像力と視覚効果


【ストーリー】
近未来。地球の表側には富裕層、裏側には労働者層が住み、世界は真っ二つに分断されていた。労働者たちは地球の“コア”を通って通勤し、機械のコマのように働いて搾取されるだけの日々。将来の希望も持てない彼らは、好みの記憶を買って自分の記憶に上書きすることで憂さを晴らしていた。ダグラス・クエイド(コリン・ファレル)もそんな労働者のひとり。美しい妻を持ちながらも、工場で働くだけの毎日にふと嫌気が差し、人工記憶センター“リコール社”を訪れる。彼が心に秘めた夢は“スパイ”。だが、記憶が書き換えられようとしたその時、突然、知らない自分が目を覚ました! これは一体どういうことなのか? 本当の自分の記憶はどこに・・・?自分さえも信じられぬまま、ダグは階級社会を覆し、世界の運命を変える戦いへと巻き込まれていく−。

【キャスト】
・ ダグラス・クエイド/カール・ハウザー : コリン・ファレル
・ ローリー・クエイド : ケイト・ベッキンセール
・ メリーナ : ジェシカ・ビール
・ コーへイゲン : ブライアン・クランストン
・ マクレーン : ジョン・チョー
・ マサイアス : ビル・ナイ

【スタッフ】
・ 監督 : レン・ワイズマン
・ 製作 : ニール・H・モリッツ、トビー・ジャッフェ
・ 製作総指揮 : リック・キドニー、レン・ワイズマン
・ 原作 : フィリップ・K・ディック
・ 原案 : ロナルド・シャセット、ダン・オバノン、ジョン・ポヴィル
・ 脚本 : カート・ウィマー、マーク・ボンバック
・ 撮影 : ポール・キャメロン
・ 音楽 : ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

© 2012 Columbia Pictures Industries,Inc. All Rights Reserved.

90年に公開されたSF大作をレン・ワイズマン監督がリメイク。“記憶”が簡単に売買され、“人工記憶”を買うことで人々が不満を解消する近未来。貧しいコロニーに住むクエイドも、工場勤務に嫌気がさして新たな記憶を植えつけようとするが……。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シュワルツェネッガー主演、バーホーヴェン...

投稿日:2013/06/02 (日)

シュワルツェネッガー主演、バーホーヴェン監督で映画化されたP・K・ディック原作小説の再映画化。 正直、ディックの小説自体は読んだことはない。 ですが、『ブレードランナー』、『マイノリティーリポート』、『ペイチェック』等があり、 単なる娯楽ではなく少し考えさせられる映画であり、それが時代に埋もれない理由なんでしょう。 で、本作。いい意味で私たちが知っている『トータルリコール』を大事にした映画だと思います。 それ故、好感が持てます。

松田 英人 さん | 神奈川県 | 不明

0

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品