ねことねずみ ともだちになれるかな? 世界の絵本

トメク・ボガツキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062621557
ISBN 10 : 406262155X
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25

内容詳細

ねことねずみ、なかよしになれるの?ねことねずみのおかあさんは、子どもたちにいろいろなことを教えようとします。でも、子どもたちは、好奇心がいっぱいで、おかあさんの言うことを聞いていません。

【著者紹介】
トメク・ボガツキ : 1950年、ポーランド生まれ。ワルシャワ・アート・アカデミー卒業後、画家・彫刻家・デザイナーと、多方面で活躍し、絵本作家としても国際的に評価されている。『ねことねずみ』は、彼の代表作でもあり、ミュンヘン国際青少年図書館の『ハロー・ディア・エネミー!』コレクションに選出されている。主な著書は、『すき』(セーラー出版)、『小さな島の大男』(ほるぷ出版)などがある。ニューヨーク在住

アグネスチャン : 香港生まれ。1972年、『ひなげしの花』で日本デビュー。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。’84年、国際青年年記念平和論文で特別賞を受賞する。’89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学し、’94年、教育学博士号(Ph.D)取得。現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、大学教授、日本ユニセフ協会大使として、幅広く活躍している。主な著書は、『ママ、博士にならなくてもいいよ』(朝日新聞社)『子育てはTWO WAY』(佼成出版社)など多数。翻訳では、『ダギーへの手紙』(佼成出版社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つくよみ さん

    図書館本:子猫と子ねずみ。子ども同士、先入観がなければ、仲良くなるのも簡単♪ちょっと見怖いけど、見慣れると味わい深い絵だった。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    最近、ねことねずみが、仲良くなる話ばかり、見つける。何故?

  • y.ookura さん

    4歳。先入観を持たないで、お互いの違いを受け入れ、「本当のこと」を自分の目で確かめる。こねずみとこねこから、改めて教えてもらいました。

  • 遠い日 さん

    おかあさんの言うだいじなことを聞いていなかったネコとネズミの子。だからお互いの存在がどうなのかということを、全く知らずに出会って遊ぶ。「友だち」ってなんだろうというテーマ。お互いの違いを、そのまま認めればいいだけのこと。自分の目で見て、ね。

  • shizu さん

    大好きな絵本作家 ポーランドの男性です。 独特の絵を描きます

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

トメク・ボガツキ

1950年、ポーランド生まれ。ワルシャワ・アート・アカデミー卒業後、画家・彫刻家・デザイナーと、多方面で活躍し、絵本作家としても国際的に評価されている。『ねことねずみ』は、彼の代表作でもあり、ミュンヘン国際青少年図書館の『ハロー・ディア・エネミー!』コレクションに選出されている。主な著書は、『すき』

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品