座らない! 成果を出し続ける人の健康習慣

トム・ラス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105069216
ISBN 10 : 4105069217
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

座り続けると仕事の効率が下がり、寿命も縮む。最新の研究成果に基づいた、朝から最高の状態で働くための食事・運動・睡眠のルール。

【著者紹介】
トム・ラス : ビジネス・健康・経済の分野で活躍する人間行動学の専門家。米ギャラップ社で13年間にわたって「社員エンゲージメント・強み・指導力・ウェルビーイング」部門を統括。現在は研究や執筆、講演活動を精力的にこなす一方で、同社で上級科学者兼アドバイザーとして働く。過去10年で国際的なベストセラーを5冊執筆。処女作『心のなかの幸福のバケツ』(日本経済新聞社)は米ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー番付の1位。2013、14年には日本で未訳の『ストレングスファインダー2.0』が米アマゾンの年間ベストセラー1位に輝いている

牧野洋 : 1960年生れ。慶應義塾大学経済学部卒、米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール修了。日本経済新聞社でニューヨーク特派員や編集委員などを歴任し2007年に独立、執筆・翻訳活動に入る。2008〜13年は在カリフォルニア、帰国後に早稲田大学ジャーナリズムスクール非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みち さん

    「座り続けるとお尻が大きくなる」「二度寝にはメリットがない」「スマホ姿勢は体に負担」など、ズバッと指摘されてしまった。しかも最新の研究のデータをあげて。「正しく食べて、もっと動き、ぐっすり眠る」このことを意識して生活したら、今より健康で、快適な毎日になるだろうということは良くわかった。少しずつ取り組んでいこうと思う。お尻、小さくしたいからね。

  • hundredpink さん

    健康本は1年に1冊読めば十分という人にお勧め。最新の健康情報を一次ソース付きで簡潔に幅広く網羅している。

  • 14番目の月 さん

    章を変え何度も何度も「糖質はとってはいけない、運動をする(座らない)、良質な睡眠をとる」を叩き込まれる。 なんとか努力したいと思うが、ケーキやチョコレート大好きだからかなり難しい。 クッキーやチョコレートを人に送るのは毒を送るのと同じとか、お菓子をもらったら即捨てる、となるとどうなのかなと思う。 果物だって果糖がたっぷり入ってるはずだけど、それはいいの?

  • 松本直哉 さん

    肉体という自然と仕事という反自然に折り合いをつけるためには正しく食べよく動きよく眠ること。歩きながら会議という提案は、散歩しながら講義したギリシャの哲学者のようで脳が活性化しそう。ネクタイやハイヒールは不健康だから廃止というのも賛成。ついでに窮屈なブラも外したらどうか。私が女ならブラなんてごめんだなと思う。自分の身体の管理のために体重や血圧などをこまめに測れというのは、もう何年も体重計に乗っていない私にはついて行けない話。数値ばかり気にするとそれに一喜一憂して振り回されてしまう。自然はもっとファジーなはず

  • ひろ☆ さん

    睡眠、食事、運動と健康に対しての考察。習慣。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品