さあ、才能に目覚めよう ストレングス・ファインダー2.0

トム・ラス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784532321437
ISBN 10 : 4532321433
フォーマット
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
225p;20

内容詳細

累計50万部を突破したベストセラーの最新版。あなたの強みを活かすためのアイデアが満載。ウェブテストのアクセスコード付き。


「才能を隠してはならない。それは、使うためにつくられたものだ。日陰に置かれた日時計にいったい何の意味があるだろう」(ベンジャミン・フランクリン)

「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場!
皆さんは毎日、自分の強みを使うチャンスがあるだろうか。おそらくないだろう。多くの場合、才能は未開発のままだ。ゆりかごから職場まで、私たちは強みを伸ばすよりも欠点を直すために多くの時間を割いている。
人が才能や強みなど「その人の良いところ」を見出すには、まず、それらについて自分自身やまわりの人たちに説明できるように「言語化」する必要がある。2001年に出版し、人々が持つ「34の資質」を明らかにした『さあ、才能に目覚めよう』は国内で累計50万部のベストセラーとなり、世界中で話題となった。あなたの強みを「見える化」してくれるツール〈ストレングス・ファインダー〉を使って「トップ5の資質」を発見した人の数はいまや数百万人に及ぶ。

新版となる本書では、「その資質をどう使えばあなたの武器になるか」「どうすればその資質を持つ人たちを活かすことができるか」といった「強みの活かし方」にフォーカスする。34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。資質や才能はダイヤモンドの原石であり、それを活かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、すなわち強みとなる。

進化したウェブテストのアクセスコード付き!
さらには〈ストレングス・ファインダー〉も進化した。新しくなったウェブテスト〈ストレングス・ファインダー2.0〉では、結果として提供されるレポート群がよりあなたらしいものにカスタマイズされている。あなたの回答を膨大なデータベースと比較して「何があなたを際立たせているのか」を明らかにしている。本書には〈ストレングス・ファインダー2.0〉を実施するためのアクセスコードが記載されている。

本書は一気に読み進むこともできるが、今後何十年にもわたって、あなたの才能を開花させるための指針となるだろう。本書には、あなたの強みを活かすためのたくさんの戦略やアイデア、ヒントが詰まっている。それらを実践すれば、あなた自身を、そしてあなたのまわりの世界を見る目が永遠に変わるはずだ。

【著者紹介】
トム・ラス : ビジネス思想家であり、ベストセラー作家のひとり。著書に、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストで第1位を獲得した『心のなかの幸福のバケツ』(共著、日本経済新聞出版社)などがある。ミシガン大学とペンシルベニア大学で学位を取得。現在はワシントンDCで家族と暮らす

古屋博子 : ギャラップ認定ストレングスコーチ。ギャラップ社のストレングス・コーチング・コースやハイパフォーマンス・マネジメント・コースのリーダーおよび講師も務める。慶應義塾大学大学院で修士号(政治学)を、東京大学大学院で博士号(学術)を取得。2児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0。トム・ラス先生の著書。自分自身の才能や能力、強みや長所に気付くには、自分の優れているところや自分自身の魅力を言葉にしてみること。無駄な謙虚さや謙遜は捨てて、自己肯定感をたくさん持って自信満々で高慢傲慢な気持ちで思いきり自分のことを褒めてみる、自画自賛してみる、自分自身を自画自賛する言葉を考えてみる。それが自分の才能に目覚めるきっかけになる。

  • 即書評 さん

    自分の「才能」「強み」を知りたい方は是非ストレングスファインダーに取り組んでみてください。ちなみに、ストレングスファインダーを受けた人は2017年初時点で1500万人を超えています。詳しい書評はhttps://sokusyohyou.com/post-416.html

  • molysk さん

    さまざまな職種で、自分の「強み」を発揮して活躍する人々の事例が見られる。「強み」は、各人の性格における不変の要素である「才能」を起点として、スキルや知識を身に付け、練習を積むことで得られる。ストレングス・ファインダー2.0は、「才能」を34の資質で分類する。本書付属のコードを用いてアセスメントを受けると、トップ5の資質説明など資質に関するレポートを入手できる。自分のトップ5は、学習欲・達成欲・戦略性・内省・分析思考であった。また、追加料金を払うと、トップ5以外の全資質を知ることができる。

  • ポタオ さん

    回復志向、学習欲、個別化、戦略性、分析思考という結果でした。これらは資質であって、まだ強みではないと。強みにするには、磨き上げるなければいけないそうです。なんとなく当てはまるなーと思いましたが。意識してみようかな。

  • カザリ さん

    着想 最上思考 内省 成長促進 コミュニケーションがトップ5でした。自分的には合ってるーと思ってしまいました。セミナーの事前準備なのですが、本を読んで有料テストを自分でするだけでも、ヒントになるなあと思いました なにより強みを持っていることの弱点や欠点を把握すると、必要以上に自己嫌悪や無駄足を踏まないなあと散々失敗してから思ったので、ぜひどの世代の方にもおすすめします。テストは有料jコードが必要なので必ず公式サイトで新刊を購入して下さいw 19ドルぐらいです

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品