謀略の砂塵 上 扶桑社ミステリー

トム・クランシー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594080594
ISBN 10 : 4594080596
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
271p;16

内容詳細

NFLのフットボール・スタジアム4カ所で同時爆弾テロが発生、1000人規模の死者が出た。ワシントンDCでは各省庁で善後策が講じられたが、有効な方策は見いだせなかった。アメリカ大統領ワイアット・ミドキフは、ふたたび攻撃にさらされた本土を守るため、前政権の予算削減のあおりを受けて廃止に追い込まれていた国家危機に即応する諜報機関「オプ・センター」を再び立ち上げることを決意する。元オプ・センター長官が新長官として推挙したのは、チェイス・ウィリアムズ海軍大将だった。国際謀略サスペンス新シリーズ第一弾!

【著者紹介】
トム クランシー : 1947年メリーランド州ボルチモア生まれ。1984年『レッド・オクトーバーを追え!』が大ベストセラーとなり、流行作家の仲間入りを果たす。数々のヒット作を生み、ゲーム制作にも乗り出した。2013年死去

スティーヴ・ピチェニック : 1943年キューバ生まれ。精神科医、作家。ハーバード大学卒。歴代政権のもと米国副国務長官補として活躍する一方、作家としても活動

伏見威蕃 : 翻訳家。早稲田大学商学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆーぼー さん

    オブセンターシリーズは、読んだことはなかったが、トム・クランシーの遺作が復活されたのなら、一読の価値があると思って購入した。 上巻では、センターの構成員や、方向付けがメインに描かれているが、その頭角も表し始めた。 ジャックライアンシリーズはマーク・グリーニーが引き継ぎ、この作品はスティーヴ・ビチェニックが引き継いだのだ。 感想は読了後に記す予定だが、トム・クランシーは偉大な作家だったと、改めて感じさせられた。

  • かんとり さん

    オプ・センター復活! 楽しみなシリーズがまた始まりましたな。  米国本土の複数スタジアム、同時爆破の犯人排除からオプ・センター始動。 うん!いいんでないかい。^^

  • 無添 さん

    アメリカフットボールスタジアム数か所で同時爆弾テロ。廃止されていた「オプ・センター」を再開する。

  • tai65 さん

    星3つ

  • yasu7777 さん

    ★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品