レッド・ドラゴン 下

トマス・ハリス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150405557
ISBN 10 : 4150405557
フォーマット
出版社
発行年月
1989年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,313p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    このシリーズは、レクター博士がいてこそ盛り上がるのだと思う。後半は、ダラハイドの物語が中心で、彼の過去は怪物を生み出すほどのものでもなく、最後の展開も予想通りか。予想できなかったのは、グレアムの心理だ。上巻でのキレはどこにいったのだろう。推理というより直観に頼るあたりに矛盾も感じる。

  • 積読亭くま吉(●´(エ)`●) さん

    ★4・上巻レビューより続く・初めて読んだ時は面白くて、三部作夢中で読んだ。当時、私はまだ若く体力は有ったが、経験値の低さから想像力は今程には無かったのだろう。(経験値はさほど上がっても居ないけれど)今回は、あまりにハードで辛かった。追われる恐ろしさ以上に、残酷に弄ばれる各々の心の疲弊と摩耗に共感してしまい、すっかり疲れはてた。当面トマスハリスは読みたくない。が…こんな作家は、なかなか居ない。素晴らしい作家で、作品だと思う(涙目)四半世紀の時を超えて再読してみて、やっぱ再読は面白い!って心から思う。

  • はらぺこ さん

    外国人の言い回しは自分には難しい。もしかしたら、先に映画を観とった方が良かったんかなぁ。

  • ひつじ(*´꒳`*) さん

    訳者あとがきに度肝抜かれた!主人公はグレアムじゃないのか!!一番最少の行動で効果的に目的を達成した悪魔はグレアムだぞ!と呟いておく…。でもグレアムにとって悪魔は、眼鏡を掛けた指毛モジャモジャのクロフォードって人間だったわけですけども…。ストーリーはレッドドラゴンの方が面白いけどレクター博士の魅力は羊たちの沈黙のほうが上。やっぱり振り返っても、上巻の最後は秀逸。ひとを殺さなくても、ちょっとした知恵で、人間は悪魔になれるんだわな。。

  • NICK さん

    斎藤環はある本で「『トラウマ』こそは、物語の自由な躍動を一瞬で硬直させてしまうコルセットのごとき言葉」と言っているのだが、この『レッドドラゴン』こそはその典型なのではなかろうか。というのも、連続殺人犯ダラハイドは先天的に唇の形状が歪んでおり、そこから幼少期にトラウマを抱え、やがて「赤き竜」と自己を同一化する妄想に囚われていくのだ。サスペンス小説としては面白いが、精神異常者を客体として描くそのアメリカ的手法がサスペンス小説以上のものにしていないという印象がある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

トマス・ハリス

1940年テネシー州ジャクソン生まれ。ベイラー大学卒。AP通信の記者を経て、1975年『ブラックサンデー』で作家デビュー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品